menu
Social media

ビジネス

シャープ、東芝のパソコン事業を買収か…観測急浮上

Cover 4755d21e 3915 4252 a631 b88662eaf2ca

 シャープ<6753>が東芝<6502>のパソコン事業を買収するとの観測が急浮上している。台湾の鴻海(ホンハイ)傘下で経営危機を脱したシャープは2017年12月、1年半ぶりに東証1部に復帰した。一方、崖っぷちに立つ東芝はシャープと入れ替わるように東証2部に転落。医療機器、白物家電、半導体など主力事業を次々と手放す中、パソコン事業の行方もかねて注目されてきた。

富士通もレノボ陣営に

 国内パソコン市場をめぐっては2017年11月、勢力地図を塗り替えかねない新たな合従連衡の動きが起きたばかり。富士通<6702>の100%子会社、富士通クライアントコンピューティングに中国のレノボグループが51%出資し、レノボ傘下で事業展開することになったのだ。

 いうまでもなくレノボは今や世界最大のパソコンメーカー。米国のヒューレット・パッカード(HP)、デルと3強を形成する。「Think Pad」で知られるIBMのパソコン事業を買収したのは2005年。日本では2011年、NEC<6701>のパソコン事業を傘下に収め、NEC・レノボ・ジャパングループを形成し、国内シェアの約25%を持つ。

 NEC・レノボ連合に次ぐ国内2位が富士通で、両者を合わるとシェアは40%を超える一大勢力が誕生する。新体制での富士通のパソコン事業は2018年度第1四半期(4~6月)に動きだす。

シャープ、鴻海の後ろ盾で業績回復。IT機器 再参入の素地整う?

 そうした局面で、今回売却話が改めて急浮上した東芝のパソコン事業は国内3位。買収を検討中とされるシャープは2010年、パソコン事業から撤退していた。その同社がなぜ、パソコンに再参入なのか。

 一つはシャープの経営再建が軌道に乗ってきたこと。シャープは大黒柱である液晶パネル事業の不振などで2016年3月期に債務超過に陥り、その後、鴻海グループの子会社として再建を進めてきたが、2018年3月期は最終損益が4年ぶりに黒字に転じる見込みだ。すでに述べたように、昨年末には東証1部に復帰を果たすなど業績は着実に上向いている。その意味で、IT機器分野へ再度参入する素地が整いつつあるといえる。

 もう一つは鴻海グループが他にない強みを持つこと。鴻海は世界第2位HP、同3位のデルのパソコンを受託生産している。鴻海はパソコンをはじめ、薄型テレビ、スマホなどのEMS(電子機器受託製造サービス)で世界トップに立つ。

企業動向

関連のM&Aニュース

富士通<6702>、携帯端末事業をポラリスに売却

東芝<6502>、WH関連の米子会社を売却

NEC<6701>、英国のITサービス企業を700億円で買収

東芝<6502>第三者割当による新株式の発行を決議

東芝<6502>、映像事業子会社株式を譲渡

富士通<6702>、富士通ビー・エス・シー<4793>を完全子会社化

東芝<6502>の連結子会社、ビジネストラベルジャパン株式を譲渡

日本電気<6701>、持分法適用関連会社オートモーティブエナジーサプライ株式を譲渡

ソニー<6758>、米国Funimationを子会社化

デンソー<6902>、富士通<6702>の子会社を買収

タチエス<7239>、富士機工<6702>のシート事業を買収

ジェイテクト<6473>、富士機工<6702>をTOBにより完全子会社化

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

富士通<6702>、ソレキア<9867>に対する公開買付けの買付け条件等の変更に関するお知らせ

富士通<6702>、ソレキア<9867>の公開買付価格を5,000円に変更

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

富士通<6702>、ソレキアに対する公開買付けの買付け条件等の変更に関するお知らせ

富士通<6702>、ソレキア<9867>に対する公開買付け開始 佐々木ベジ氏に対抗

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

シャープ<6753>、Fritz Schumacher AGを子会社化

ソニー<6758>、エムスリー一部株式をゴールドマン・サックスに譲渡

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

シャープ<6753>、子会社の堺ディスプレイプロダクトを譲渡

ソニー<6758>が孫会社である中国のカメラモジュール製造事業の会社を売却

シャープ<6753>、ソフトウェア開発・人材派遣業子会社を売却

シャープ<6753>中国物流ソリューション会社と業務提携し、新会社設立へ

シャープ<6753>欧州市場シャープ液晶テレビ事業運営会社との業務提携強化へ

シャープ<6753>、鴻海グループの知的財産関連業務を担う企業と業務提携し、同事業子会社設立へ

富士通<6702>、デンソー、トヨタ、富士通テンの資本構成変更に向け基本合意へ

ソニー<6758>、インド子会社のSPNが南アジアのスポーツネットワークを約397億円で買収

シャープ<6753>、香港のRoxy社と業務提携解消、合弁会社株式50%を取得し子会社化

ソニー<6758>、子会社のSME UKが英国の有力なダンスミュージックレーベルを買収

ソニー<6758>、ベルギーの医療映像ソリューションプロバイダーを買収

ソニー<6758>、村田製作所<6981>へ電池事業を譲渡する意向確認書を締結

NEC<6701>、パソコン事業合併会社の株式の一部をレノボへ譲渡

日本電気<6701>、日本航空電子工業<6807>を連結子会社にするため公開買付けへ

富士通<6702>、ニフティ<3828>を完全子会社にするため公開買付けへ

バイテックホールディングス<9957>、部材調達会社の株式の一部をパナソニック<6752>に譲渡

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

ソニー<6758>、故マイケル・ジャクソン氏との米国合弁会社株式50%を譲り受け

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

シャープ<6753>、第三者割当による新株式発行により経営権を鴻海グループに譲渡

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

ソニー<6758>、イスラエルのLTEモデムチップ開発会社を買収へ

パナソニック<6752>、米国の業務用冷凍・冷蔵ショーケースメーカーを子会社化

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

ジーエス・ユアサコーポレーション<6674>、パナソニック<6752>の鉛蓄電池事業を譲受け

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

シャープ<6753>、孫会社の太陽光発電開発事業社及びその持株会社を売却

パナソニック<6752>、スペイン自動車向けメカトロニクス会社と資本業務提携。

ソニー<6758>の米国子会社、英放送会社を買収。

パナソニック<6752>、SAWフィルタ事業の一部をスカイワークス ソリューションズに譲渡。

ソニー<6758>、ディー・エヌ・エーの株式の譲渡を実施。

ソニー<6758>、連結子会社の株式の一部譲渡を実施。

ソニー<6758>によるソネットエンタテインメント<3789>の株式等に対する公開買付が終了。

ソニー・コンピュータエンタテインメント、米国Gaikai Inc.を買収。

シャープ<6753>、凸版印刷<7911>及び大日本印刷<7912>、液晶カラーフィルター事業を統合。

凸版印刷<7911>及び大日本印刷<7912>、液晶カラーフィルター事業をシャープ<6753>の子会社に統合。

シャープ<6753>、鴻海精密工業と業務資本提携。

ソニー<6758>、ケミカルプロダクツ関連事業を譲渡。

ソニー<6758>、ソニー・エリクソンの100%子会社化を完了。

ソニー<6758>、EMI Music Publishingを買収。

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

パナソニック<6752>、株式交換によりパナソニック電工を完全子会社化

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>を株式交換により完全子会社化

シャープ<6753>、米国の発電開発事業者リカレント社を完全子会社化

パナソニック<6752>によるパナソニック電工<6991>の株式に対する公開買付が終了

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>の株式に対する公開買付を実施

パナソニック<6752>、パナソニック電工<6991>の株式に対して公開買付を実施

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

ソニー<6758>、中南米の有料テレビ事業の持分を一部売却

富士通<6702>、PFUを株式交換により完全子会社化

パナソニック<6752>による三洋電機<6764>株式の公開買付が終了

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>に対する公開買付けを開始

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

【NEC】リストラと同時に大型M&Aでセキュリティ事業を強化する「勝算」は?

【NEC】リストラと同時に大型M&Aでセキュリティ事業を強化する「勝算」は?

NECが今世紀4回目となるリストラを断行する。今回のリストラでは、ものづくり関連事業を大胆にカットする一方で、情報システムやサービスといったソフトウエア関連事業に力を入れる。その要となるのが2018年1月の大型M&Aで強化したセキュリティ事業だ。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344