menu
Social media

ビジネス

アップルのテンプレート規制は小規模アプリ業者を一掃する

Cover 8845ebd0 321a 4afd b6bb b9aec03ffa59

来年1月からテンプレート開発を禁止

 中小アプリケーションソフト(アプリ)開発業者に衝撃が走っている。米アップルがiPhoneやiPadといったiOSで動くアプリを独占的に供給するApp Storeで、2018年1月以降はテンプレートなどを利用して作成されたアプリを排除すると通告したのだ。

 アップルはApp Store Review Guidelinesで、「Apps created from a commercialized template or app generation service will be rejected(商用化されたテンプレートやアプリ生成サービスを使って制作されたアプリは、受け入れられなくなるだろう)」と警告していたが、来年1月1日が修正版提示の最終期限となるとの最終通告がアプリ開発会社に出されているという。

 こうした商用テンプレートなどを利用しているのは個人経営や中小のアプリ会社が多く、一からアプリを開発するだけの人的な余裕はない。そのため事実上、App Storeから締め出されることになりそうだ。中小アプリ会社はスマートフォンOSで約70%の世界シェアを占める米グーグルのAndroid向けアプリに特化するしかない。

企業動向

NEXT STORY

楽天の「無謀な挑戦」は通信再編の引き金になるか

楽天の「無謀な挑戦」は通信再編の引き金になるか

楽天がドコモ、au、ソフトバンクに続く第4の携帯キャリアに名乗りを上げた。果たしてその成否は…。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c