menu
Social media

ビジネス

それからの東芝

Cover e9e8ce2b 87dd 41e6 b6eb 252f6b4cbc6b

それからの東芝

東芝については6月30日付け「どうして東芝はそんなに死に急ぐ?」から取り上げていませんでしたので、その後の経過も含めてまとめてみます。

 まず本日(8月14日)午後にBloombergが関係者の話として「東芝のメモリー事業売却交渉、支払時期などを巡り失速」なる記事を配信し、それまで高値307円まで買われていた東芝株が260円まで急落、前週末比5円安の287円で終わりました。

 本当の関係者なら守秘義務が課せられているはずで、よくある「自称関係者」の噂話をBloomberg東京事務所が記事にしたような印象ですが、その中に「(優先交渉権を与えられている)日米韓連合は(東芝の)合弁相手の米ウエスタンデジタル(以下、WD)との係争解決を条件にしている」という部分があります。

 もしこれが本当なら、そもそも日米韓連合への売却など最初からできるはずがなかったことになります。そもそも最初からWDとの係争を抱えたまま、よく日米韓連合が(その他の連合でも同じですが)交渉のテーブルに着いたなあと不思議に思っていましたが、東芝の経営陣も「決めてしまえば何とかなる」くらいに考えていたのでしょう。

 当然のように日米韓連合への売却交渉は進展しておらず、今頃になってKKRとWDの連合との売却交渉が水面下で再開されているようです。大変に情けないことに日米韓連合への売却では議決権の過半を確保する約束になっていた産業革新機構がKKRにもすり寄っていますが、日米韓連合の中心にいるベインキャピタルに比べれば「はるかにえげつない」KKRがすでにWDの協力を取り付けているなら、最終的には徹底的に買いたたいて(1兆数千億円ほどで?)手に入れてしまうことになりそうです。

 そもそも日米韓連合でもKKR・WD連合でも、独占禁止法の審査期間を考えると債務超過解消のタイムリミットとされる来年3月末までの売却完了は「すでに大変に厳しい状況」となっています。

 東芝は2016年3月末に、東芝メディカルのキャノンへの売却が完了していないにもかかわらず強引に売却益を計上し、それで「待ったなし」となっていたウェスティングハウスの減損を一部だけ行ったことがあります。まあ今回も「何とかなる」と考えているのかもしれません。

 そして遅れに遅れていた東芝の2017年3月期決算が8月10日、PwCあらた監査法人から「限定付き適正意見」を得て、ようやく提出されました。「限定付き」とは東芝の内部管理体制の不備がまだ改善されてないからのようですが、それなら最初からそこは呑んで「限定付き適正意見」を貰うように交渉していれば、ここまで時間がかからなかったはずです。

関連のM&Aニュース

東芝<6502>第三者割当による新株式の発行を決議

東芝<6502>、映像事業子会社株式を譲渡

東芝<6502>の連結子会社、ビジネストラベルジャパン株式を譲渡

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

まだまだ波乱がありそうな東芝の半導体事業売却

まだまだ波乱がありそうな東芝の半導体事業売却

東芝は8月24日の経営会議で、半導体事業を8月中に売買契約締結するために、ウエスタンデジタル(WD)陣営と優先的に協議することを決めたと報じられています。いかにも東芝が自発的にWDと協議を始めるようなニュアンスですが、実際はかなり違っているはずです。


注目の記事