menu
Social media

ビジネス

AIが化粧を指南? 資生堂が人工知能開発の米ギアランを買収

Cover be185748 ee48 4fd0 9b9f 931e4184f2ec

AIが化粧指南

 資生堂<4911>は2017年11月7日、米子会社のシセイドウ アメリカズ コーポレーションを通じてAI(人工知能)開発を手がけるギアラン(GIARAN)を買収した。ギアランは米ノースイースタン大学出身の研究者が立ち上げたベンチャーで、ビッグデータやAR(拡張現実)といったAI技術を駆使したデータマイニングや予測モデリングなどの新しいアルゴリズムを開発している。資生堂は同社のディープラーニング(深層学習)技術を生かし、個人に合わせたバーチャルなメーキャップ体験や肌色判定などによる化粧品や化粧法を提案する方針だ。

ビッグデータを新製品開発に活用

 ジル・スカラマンドル資生堂グローバル・メイクアップ・センター オブ・インテリジェンス プレジデントは「消費者がAI技術で商品を試すと同時に、さまざまな肌の色や顔の骨格、好まれる色などがビッグデータとして蓄積できる。こうしたデータを新商品開発などに生かす」と意欲を燃やす。AI導入によって化粧品の個別提案だけでなく、売れ筋をつかむための精度の高いマーケティングへの活用にも期待をかけているようだ。

企業動向

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

ソニーさん、今度こそaiboを「使い捨て」にはしませんよね?

ソニーさん、今度こそaiboを「使い捨て」にはしませんよね?

ソニーが犬型のペットロボット「aibo(アイボ)」に再挑戦する。発売は18年1月。本体価格19万8,000円(税別、以下同)と高価ながら、初回と2回目の予約分を完売した。アイボ人気は衰えていないようだ。しかし、問題は長期サポート。1999年に登場した先代モデルたちはサポートを打ち切られ、ユーザーから不満の声が上がっていた。さて、新型「aibo」はどうなる?


注目の記事

Thumb 19292e88 9d26 4acb 8847 a1a104266bdc

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

Thumb ad4bc512 bad0 437f b6fe d32a13aeaec2
Thumb db219acd 25ec 43cb 8d56 3998b0b0f58a
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c