menu
Social media

ビジネス

CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

Cover e11a3ca8 f42c 4cd2 94a9 189b7da6b46d
東京都内の店舗

 CD・DVDレンタル、書店事業の「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が女性ファッション誌の中堅出版社、主婦の友社(東京都文京区)を買収した。インターネットによるデジタル化のうねりとともに、出版販売額は20年間にわたって右肩下がりが続いている。構造的な出版不況の中、版元の淘汰は必至で、その過程でM&Aが避けられそうにない。

縮小傾向たどるCD・DVDレンタル市場

 CCCグループのカルチュア・エンタテインメントが大日本印刷<7912>が保有する主婦の友社の全株式(議決権比率99.9%)を取得し、12月15日付で子会社化した。幅広い世代の女性誌を扱う主婦の友社の企画力や編集ノウハウを売り場づくりに生かすのが目的。主力のCD・DVDレンタルは動画配信サービスの台頭などで市場が縮小傾向にあり、書店事業の強化は大きな課題となっている。

 同様に、CCCグループは2015年8月、アート・芸術系の美術出版社を、2017年3月にはエンタテインメン系の徳間書店を買収した。2014年には阪急コミュニケーションズから「フィガロジャポン」「ペン」「ニューズウイーク日本版」などの出版事業を譲り受けた。

企業動向

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【クボタ】4半世紀ぶりに大規模な広告宣伝活動を展開

【クボタ】4半世紀ぶりに大規模な広告宣伝活動を展開

クボタが4半世紀ぶりに大規模な広告宣伝活動を展開している。久保田鉄工からクボタに社名変更した1990年以来のことだ。M&Aなどで海外事業が拡大し、売上高の7割近くにまでを海外が占めるようになったため、もう一度日本国内でのクボタの知名度を上げるのが狙いのようだ。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544