menu
Social media

ビジネス

"戌(いぬ)年”の法人は全国で17万155社

Cover 7f0d5bd6 5ca9 4516 ab28 ffebe789b3b7

公開日付:2017.11.24

 2018年の干支は戌(いぬ)。全国の法人270万社のうち、戌年の設立法人は17万155社あることがわかった。十二支のうち、戌年の法人構成比は6.2%と最も少なかった。
 戌年で最も古い設立年は1886年(明治19年)。同年6月設立の外装・床タイル製造の陶榮(愛知県)と、12月設立の琵琶湖遊覧などを手掛ける琵琶湖汽船(滋賀県)の2社あった。
 都道府県別の社数は、最多が東京都の3万6,341社(構成比21.3%)だった。設立年別は2006年が8万3,640社(同49.1%)とほぼ半数を占めた。また、月別では年度始めの4月が2万2,200社(同13.0%)。産業別ではサービス業他が5万2,207社(同30.6%)で、それぞれ最多だった。
 売上高(単体)は、トップが2006年9月設立のかんぽ生命保険。次いで、国家公務員共済組合連合会、ゆうちょ銀行がトップ3。売上高1兆円以上は7社だった。

※本調査は、東京商工リサーチの企業データベースから個人企業や倒産、休廃業・解散した企業などを除いた270万2,330社から戌年に設立された法人を対象に抽出した。

 戌年は、1946年に経済三団体である経済同友会と経済団体連合会が創立、日本商工会議所が設立された。また、1958年に日清食品が世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売、日本電波塔(東京タワー)が竣工した。戌年は経済界の礎が築かれ、国民生活の発展につながる出来事が相次いだ。

主な戌年法人

 戌年設立の法人で、最も設立が古いのは1886年6月の陶榮(愛知県)。次いで、同年12月の琵琶湖汽船(滋賀県)、1898年1月の日本ペイントホールディングス(大阪府、純粋持株会社)、1898年2月の仙台共同と一般社団法人牛渕報徳社が続く。主な上場企業は、三菱製紙(設立1898年)、森永製菓(同1910年)、富士フィルムホールディングス(同1934年)、NIPPO(同1934年)、ソニー、カシオ計算機、京セラ(同1946年)、吉野家ホールディングス(同1958年)、三菱自動車工業(同1970年)、日本郵政(同2006年)など275社。戌年に設立された上場企業は十二支では巳年(274社)に次ぎ、5番目に少ない。

設立年別 最古は1886年設立

 設立年別では、2006年が8万3,640社(構成比49.1%)で、約5割を占めた。次いで、1994年の3万1,333社(同18.4%)、1982年の2万3,553社(同13.8%)と続く。
 戌年設立の法人のうち、設立30年未満は11万4,973社と全体の6割(同67.5%)を占めた。一方、100年以上前に設立された法人は83社(同0.04%)にとどまった。

TSR

関連のM&Aニュース

王子ホールディングス<3861>、三菱製紙に33%出資、持分法適用会社化へ

富士フイルムHD<4901>、米ゼロックスの株式50%超を6710億円で取得し子会社化

日本ペイントホールディングス<4612>、米国塗料メーカーDunn-Edwards Corporationを子会社化

富士フイルムホールディングス<4901>、武田の試薬子会社をTOBにより買収

三菱重工業<7011>、三菱自動車工業<7211>を持分法適用会社から除外へ

吉野家ホールディングス<9861>、魚介ダシ醤油豚骨スープのラーメン屋運営会社を子会社化

日産自動車<7201>、三菱自動車工業<7211>の第三者割当増資引受けにより筆頭株主へ

日清食品ホールディングス<2897>、米菓メーカーを子会社化

北越紀州製紙<3865>と三菱製紙<3864>、販売子会社の経営統合に向けた基本合意を締結。

ウットラム・グループ、日本ペイント<4612>株式の大規模買付行為に関する提案書を提出。

富士フイルムホールディングス<4901>、超音波診断装置の大手企業 米国 SonoSite, Inc.を買収。

森永製菓<2201>、子会社の森永フードサービスを西洋フード・コンパスグループに譲渡

吉野家ホールディングス<9861>、牛繁ドリームシステム株式を売却

カシオ計算機<6952>、中小型ディスプレイ事業を分社化し、凸版印刷<7911>へ一部譲渡

NEXT STORY

「明治150年」 浸透はこれから?

「明治150年」 浸透はこれから?

​世間にはまだあまり浸透していないが、2018年のキーワードの一つが「明治150年」。1868年の明治元年から150年の節目を迎える。政府はしきりに旗を振るが、ムーブメントは起きるか


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91