menu
Social media

ビジネス

ソフトバンクだけではない!自動車業界も手を焼いたドイツ企業とのM&A交渉

Cover 3fb06788 3356 4e78 b162 3db02a6e3db8

経営統合がご破算に

 ソフトバンクグループ<9984>傘下の米通信大手のスプリントとTモバイルUSとの経営統合が再びご破算になった。交渉中止について「心の底から晴れやかな意思決定をした」と強がる孫正義社長だが、15兆円もの有利子負債を抱えた同社の「逆転劇」につながると期待されたM&A案件が消滅しただけに、ソフトバンクの財務状況にも懸念の声が上がっている。

  交渉ではTモバイルUSの最大株主である独通信大手ドイツテレコムが統合後の経営権を自社単独で握ることを主張。米モバイル通信事業を経営の柱としたいソフトバンクには受け入れられない条件だった。孫社長は「せめて対等の関係で経営に当たりたい」と譲歩したが、ドイツテレコムは頑強だった。

ドイツ企業だから仕方ない

 もっとも米モバイル通信市場はベライゾンとAT&Tがシェアの約7割を占める二強体制で、TモバイルUSといえどもスプリントとの合併なしでは遠からず立ち行かなくなるのは明らかだ。それでもドイツテレコムは一切の妥協を拒んでいる。国内経済界からは「ドイツ企業だから仕方ない。今回ばかりは相手が悪かった」との同情の声も聞こえてくる。過去に日本の自動車メーカーもドイツ企業から、さんざん煮え湯を飲まされてきたたからだ。

  スズキ<7269>は2009年に独フォルクスワーゲン(VW)と「対等の関係」で資本提携したが、VW側がスズキへの技術提供を渋ったり、経営支配に向けた動きを見せたりしたことから両社の関係が悪化した。2011年にスズキが提携解消を申し入れたが、VWは拒否。国際仲裁裁判所の裁定を経て、2015年にようやく提携解消にこぎつける。

企業動向

関連のM&Aニュース

トヨタ自動車<7203>、完全子会社トヨタマーケティングジャパンを吸収合併

トヨタ自動車<7203>とマツダ<7261>、資本業務提携締結

トヨタホーム<7203>、ミサワホーム<1722>と資本業務提携契約の締結並びに同社株式に対して公開買付及び第三者割当増資の引き受けを発表

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

三菱重工業<7011>、三菱自動車工業<7211>を持分法適用会社から除外へ

日産自動車<7201>、三菱自動車工業<7211>の第三者割当増資引受けにより筆頭株主へ

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

トヨタ自動車<7203>、ダイハツ工業<7262>を株式交換により完全子会社化

スズキ<7269>、保有するフォルクスワーゲン株式をポルシェ・オートモービルHDに売却

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

スズキ<7269>、インドの子会社が合併。

トヨタ自動車<7203>とBMW グループとが業務提携。

トヨタ自動車<7203>、トヨタ車体<7221>と関東自動車工業<7223>を株式交換により完全子会社化。

トヨタ自動車<7203>、テスラモーターズと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

スズキ<7269>、独フォルクスワーゲン(VW)と資本提携、詳細は未定

スズキ<7269>、フォルクスワーゲンと資本・業務提携

NEXT STORY

ソニーさん、今度こそaiboを「使い捨て」にはしませんよね?

ソニーさん、今度こそaiboを「使い捨て」にはしませんよね?

ソニーが犬型のペットロボット「aibo(アイボ)」に再挑戦する。発売は18年1月。本体価格19万8,000円(税別、以下同)と高価ながら、初回と2回目の予約分を完売した。アイボ人気は衰えていないようだ。しかし、問題は長期サポート。1999年に登場した先代モデルたちはサポートを打ち切られ、ユーザーから不満の声が上がっていた。さて、新型「aibo」はどうなる?


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333