menu
Social media

ビジネス

新型「iPhone SE」の今年前半投入でJDIは一息つけるか

Cover be79808e 2eb5 42f4 bca2 a7d95b8b488d
2017年に国内販売ベストスリーに入った「iPhone SE」(2016年3月発売)(現行モデル)

廉価モデルの新モデルで液晶が延命

 米アップルの「iPhone SE」の新モデルが2018年前半に発売されるとの情報が流れている。2016年3月に初代の現モデルが発売された当初は「旧型のiPhone 5sを焼き直しただけの低価格版」と評価は低かった。が、カメラやCPUなどのスペックが当時の最新機種だった「iPhone 6s」と同等だったこともあり、発売から1年経過したにもかかわらず2017年の国内スマートフォン販売台数で第3位に入るという人気商品になっている。

 そのSEの次期モデルについては機能向上はあるが、大幅な変更はないとの予想が大半だ。性能としては「iPhone 7」と同等に引き上げられそうだが、「iPhone X」に搭載された有機ELディスプレーの採用は見送られる可能性が高い。そうなると一息つけそうなのが、国産ディスプレーメーカーのジャパンディスプレイ(JDI)<6740>だ。

 アップルは2018年に発売する次期iPhoneシリーズで主力の2モデルに有機ELを採用し、新型SEには液晶を残す方針といわれている。つまり、新型SEや併売される従来モデルの「iPhone 8」の生産台数が増えれば、有機ELパネルの量産が実現できていないジャパンディスプレイの受注増につながるわけだ。

 追い風もある。調査会社BCNによると、2017年11月に発売されたXの売れ行きが鈍っているのだ。2017年に発売した3モデルの販売比率は、11月初旬にはXが56%、8が34%、8Plusが10%だったが、18年1月初旬にはXが25%、8が60%、8Plusが15%と逆転し、従来の液晶ディスプレーを搭載した8と8Plusが、有機EL搭載のXを引き離している。さらには現行SEに加えて、旧モデルとなる7シリーズの販売も堅調だ。

企業動向

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

富士通も撤退!ジリ貧国産スマホ「最後の希望」はソフトバンクか

富士通も撤退!ジリ貧国産スマホ「最後の希望」はソフトバンクか

富士通が携帯電話事業から事実上撤退する。かつて「わが世の春」を謳歌した国産携帯電話メーカーも、残るは3社だけ。スマートフォンの急成長とは裏腹に消滅しつつある国産メーカー。「最後の希望」は端末メーカーではなく、通信キャリアのソフトバンクだ。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92