menu
Social media

ビジネス

ソフトバンクが好決算の理由 M&Aの効果は?

Cover 6f087d3e f297 4ab9 8ea6 a1dea038221a

2017年3月期、ソフトバンクグループ<9984>の連結純利益は1兆円を超えた。好業績の理由を問われれば、英国アーム社(ARM)の巨額買収など先見性と実行力に裏打ちされた投資戦略という一言に尽きるかもしれない。このように快進撃を続けるソフトバンクが、どのような事業に投資を行い、どのように資金を回収しているのか、今回は特にキャッシュの動きに着目して2017年3月期決算を捉え直してみたい。

キャッシュ・フローで見るソフトバンクの2017年3月期決算

「勘定合って銭足らず」の言葉のごとく、会計上の損益計算や利益計算と呼ばれるものと実際の資金の動きは一致しない。損益は見積り方法や事象の捉え方次第で計算結果に差が出てくるものだからだ。これに対して、現金や預金などキャッシュの残高は動かしようのない事実である。事業経営は究極的にはキャッシュを獲得することを目的とし、損益計算も短期的にはキャッシュと異なる動きをしながら最終的にはキャッシュに集約されるといえる。

過去5年のキャッシュ・フローは?

ここで、ソフトバンクの過去5年のキャッシュ・フローを確認してみることにしよう。キャッシュ・フローは通常、「営業活動によるキャッシュ・フロー」、「投資活動によるキャッシュ・フロー」、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の3つに大別される。「営業活動によるキャッシュ・フロー」は主として本業による資金の出入り、「投資活動によるキャッシュ・フロー」はM&Aや設備投資に伴う資金の出入り、「財務活動によるキャッシュ・フロー」は借入や返済、増資などによる資金の出入りを意味する。

図表1 ソフトバンク キャッシュ・フローの推移

ソフトバンク 過去5年のキャッシュ・フローの推移
M&A Online編集部作成

グラフの推移を見ると、ソフトバンクの「営業活動によるキャッシュ・フロー」は安定して黒字となっており、2017年3月期には1.5兆円もの営業キャッシュを獲得していることがわかる。これに対して「投資活動によるキャッシュ・フロー」は常にマイナスとなっている。これはM&Aなどの投資をかなり積極的に行っていることの証左であり、投資の成果が出ている限りにおいては、ネガティブな意味のマイナスではない。「財務活動によるキャッシュ・フロー」はちょうど「投資活動によるキャッシュ・フロー」の動きと対照的な形になっており、投資資金を借入金などにより調達していることが読み取れる。

図表2 ソフトバンク キャッシュ・フローの内訳

企業動向

関連のM&Aニュース

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

NEXT STORY

【米国ベンチャーM&A】伝説のベンチャーキャピタリストとサンフランシスコ現代美術館​

【米国ベンチャーM&A】伝説のベンチャーキャピタリストとサンフランシスコ現代美術館​

米シリコンバレーを中心とする海外のベンチャーおよびテクノロジー関連のM&A情報を、TransCap代表で現地在住のコンサルタント坂崎昌平氏がレポート!今週はシスコがネットワークセキュリティ会社のObservable Networksの買収を発表したニュースを取り上げます。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92