三谷産業はベトナム子会社でプリント基板を製造するFujitsu Computer Products of Vietnam, Inc. (FCV。売上高108億円、営業利益5000万円、純資産32億3000万円)の出資持分50.001%すべてを、富士通に譲渡することを決議した。

FCVは1995年設立。三谷産業は2017年に富士通が保有するFCVの出資持分50.001%を取得して子会社化(富士通の出資比率49.999%)した。この2年間でFCVを通じて富士通グループと技術・人材両面で交流が進むなど一定の成果が得られたのを踏まえ、出資持分を富士通に戻すことにしたという。

譲渡価額は16億5000万円。譲渡日は2019年3月28日。