富士通(株)(以下「富士通」)は、Lenovo Group Limited(以下「レノボ」)及び(株)日本政策投資銀行(以下「日本政策投資銀行」)との間で、PC事業に関する戦略的提携について正式契約を締結することを決定した。富士通は、富士通の 100%子会社である富士通クライアントコンピューティング(株)の株式の51%をレノボに譲渡し、同株式の5%を日本政策投資銀行に譲渡する。

この戦略的提携により、富士通の持つグローバルな販売力とお客様サポート力、顧客の要望に対応する開発力、システムインテグレーション力、高度に自動化・効率化された製造能力と、レノボの持つ世界規模の調達力とプレゼンスを活用し、日本を含めたグローバルPC事業のさらなる成長と規模や競争力の拡大を目指すとしている。また、日本政策投資銀行は、金融機関の立場から、ファイナンスに関する知見の提供などを行い、本事業の持続的な発展に貢献するとしている。

株式譲渡価格はレノボ255億円、日本政策投資銀行25億円。

株式譲渡実行は2018年度第1四半期中を予定(競争規制当局認可状況等による)。