【新生銀行】買い手に「食い物」にされた旧名門行の買収トラウマ

alt
新生銀行はSBIの敵対的TOBから逃れることができるか?(Photo By Reuters)
新生銀にTOBを仕掛けた北尾SBI社長(Photo By Reuters)

「金(公的資金)を返さないのはありえない。泥棒と一緒」。そう批判する北尾吉孝社長が率いるSBIホールディングス<8473>から、TOB(株式公開買い付け)を仕掛けられた新生銀行<8303>。実は「買われる」のは2回目だ。最初に買収された時のトラウマが今も残る新生銀だが、今回はどうなる?

前身は「名門」の長銀

新生銀の前身はかつて日本に3行あった長期信用銀行の一つ日本長期信用銀行(長銀)。日本の高度成長を支えた名門銀行だ。1952年に日本興業銀行(興銀、現みずほ銀行)に次ぐ2番目の長期信用銀行として設立された。

興銀は1900年の設立、1957年に設立された日本債券信用銀行(日債銀、現あおぞら銀行)の前身は1911年に発足した朝鮮銀行であり、長銀は唯一戦後に誕生した長期信用銀行だった。

第一勧業銀行や富士銀行と経営統合した興銀を除く長期信用銀行2行は1998年に経営破綻し、公的資金が投入された。日債銀を引き継いだあおぞら銀行<8304>は、2015年に公的資金を完済している。だが新生銀に、北尾SBI社長から「泥棒と一緒」と批判されるほどの「失策」があったわけではない。

新生銀の完済が遅れた最大の原因は、公的資金を投入した優先株を普通株に転換したため。株価の値上がりがない限り完済できない仕組みなのだ。2007年から2008年にかけて整理回収機構と預金保険機構が新生銀の優先株を普通株に転換している。

新生銀行が普通株転換で公的資金返済が難しくなったのを受けて、政府は2012年にあおぞら銀優先株の普通株転換を10年先延ばしした。そのためあおぞら銀は株価に左右されず、政府との相対交渉で分割返済できたのだ。新生銀の公的資金問題には「不運」もある。

NEXT STORY

中京銀行で希望退職に150人が応募、国内銀行での募集は12年ぶり

中京銀行で希望退職に150人が応募、国内銀行での募集は12年ぶり

2021/09/12

中京銀行は8月31日、8月2日~8月20日に応募があった希望退職者が150人であったと発表した。国内銀行本体での希望退職募集は2009年から12年ぶり。

関連のM&A速報