銀行のニュース記事一覧

デンマークでゼロ、日本でも激減 銀行強盗が激減した理由とは

デンマークでゼロ、日本でも激減 銀行強盗が激減した理由とは

デンマークで銀行強盗がついに「絶滅」した。業界団体「ファイナンス・デンマーク」によると、2021年に1件だった銀行強盗が、2022年にはついに0件になったという。キャッシュレス化の進展で、銀行窓口から現金が消えたからだ。では、日本はどうか?

記事を読む
【元銀行員が語る】銀行でかつてあった壮絶パワハラとは?

【元銀行員が語る】銀行でかつてあった壮絶パワハラとは?

銀行は、以前は非常にパワハラが多かった。今はかなり勤務環境が整備され、そのようなことはほとんどなくなったが、今でも一部残っているようだ。では、銀行ではどのようなパワハラが行われていたのか。

記事を読む
【元銀行員が語る】銀行との上手な付き合い方

【元銀行員が語る】銀行との上手な付き合い方

近年、銀行は投資信託や外貨預金などの販売に力を入れている。いわゆる手数料ビジネスに比重を移しているのだ。銀行で証券会社のように資産運用ができるのは便利だが、銀行の投資商品は手数料が高くうまく付き合わないと食い物にされてしまう可能性がある。

記事を読む
【元銀行員が語る】銀行員の新人がまず行う事はクレジットカード営業!

【元銀行員が語る】銀行員の新人がまず行う事はクレジットカード営業!

大きな期待を持って銀行に入行をする新人は非常に多い。世界的な大きな会社を担当したい。地権者やオーナーの資産運用をしてみたい。果ては、支店長や法人営業部長になりたい…。そんな希望に満ち溢れた新人がまず最初に行うのはクレジットカードの営業だ。

記事を読む
【元銀行員が語る】メガバンクで行われているリモートコンサルティングとは?

【元銀行員が語る】メガバンクで行われているリモートコンサルティングとは?

新型コロナウィルスの影響で銀行に来店する人が激減した。特に個人の顧客を相手に資産運用を行うリテールビジネスは大打撃を受けた。ところが、しかし、現在は、大きくリテール部門は躍進している。なぜなら「リモートでの資産運用提案」が主流になったからだ。

記事を読む
【元銀行員が語る】銀行員の出世事情とは?

【元銀行員が語る】銀行員の出世事情とは?

銀行に入りたい学生は今も昔もに多い。安定しているイメージがあり、また収入も高いため多くの学生が志望するようだ。しかし業務は非常に大変でかつ出世競争は苛烈を極めている。元都銀マンが銀行員の働く環境や人事評価、給料について徹底解説する。初回は「出世事情」。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aの相談をするデメリットとは②

元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aの相談をするデメリットとは②

今回は、前回に続いて銀行にM&Aの相談をするデメリットについて紹介する。まずは、銀行にM&Aの相談をするデメリットについて再度確認しておこう。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aの相談をするデメリットとは①

元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aの相談をするデメリットとは①

銀行にM&Aの相談をしようと考えている経営者の方は多いのではないだろうか。確かに、銀行にM&Aの相談するメリットはたくさんあるが、銀行に相談するデメリットも実はたくさんあることを皆さんはご存知だろうか?

記事を読む
元メガバンク行員が語る…銀行にM&Aの相談をすると個人の悩みも解決してくれる!

元メガバンク行員が語る…銀行にM&Aの相談をすると個人の悩みも解決してくれる!

M&Aを検討する際、多くの方は、取引銀行に相談することを考えるだろう。取引銀行は、自社の経営状況についてしっかり把握してくれている。しかも、M&Aに直接関係がない個人の悩みの解決もしてくれる可能性があることをご存知だろうか?

記事を読む
元メガバンク行員が語る…銀行でM&Aを行う法人営業部とは、支店との違いは?

元メガバンク行員が語る…銀行でM&Aを行う法人営業部とは、支店との違いは?

M&Aの相談を銀行にする際に、銀行と取引がある経営者であれば、よくお分かりだと思うが、メガバンクの場合は、支店ではなく法人営業部に行うのが一般的だ。では、「法人営業部」と「支店」はどう違うのか?

記事を読む
元メガバンク行員が語る、M&Aで融資を引き出すポイントとは?

元メガバンク行員が語る、M&Aで融資を引き出すポイントとは?

M&Aを実行するにあたって銀行に相談する経営者は多いだろう。銀行に相談するメリットはたくさんある。しかし、銀行に相談すれば融資を受けられるというものではなく、融資を受けるためにはいくつかのポイントを押さえる必要がある。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aを相談するメリットは?

元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aを相談するメリットは?

M&Aの検討をする際、多くの方は取引銀行に相談をしようと考えているのではないだろうか? 取引銀行には経営状況について細かく相談している場合が多く、財務諸表など様々な資料を出している。今回はM&Aの相談を銀行にするメリットについて説明する。

記事を読む
【百五銀行】三重県トップ地銀、投資事業でも攻勢|ご当地銀行のM&A

【百五銀行】三重県トップ地銀、投資事業でも攻勢|ご当地銀行のM&A

百五銀行は明治期の国立銀行名を引き継ぎ、創立140年を超える。その百五銀行に猛追をかけるのが2021年5月に誕生した三十三銀行。銀行間の競争原理は地域の発展に寄与するか。

記事を読む
【新生銀行】買い手に「食い物」にされた旧名門行の買収トラウマ

【新生銀行】買い手に「食い物」にされた旧名門行の買収トラウマ

「金(公的資金)を返さないのはありえない。泥棒と一緒」。そう批判する北尾吉孝社長が率いるSBIホールディングスからTOBを仕掛けられた新生銀行。実は「買われる」のは2回目だ。最初に買収された時のトラウマが今も残る新生銀だが、今回はどうなる?

記事を読む
中京銀行で希望退職に150人が応募、国内銀行での募集は12年ぶり

中京銀行で希望退職に150人が応募、国内銀行での募集は12年ぶり

中京銀行は8月31日、8月2日~8月20日に応募があった希望退職者が150人であったと発表した。国内銀行本体での希望退職募集は2009年から12年ぶり。

記事を読む
「飛行機」と「航空機」はどう違う?|つい混同しがちな単語5選

「飛行機」と「航空機」はどう違う?|つい混同しがちな単語5選

一見よく似た単語で、普段はあまり気に留めていないが、実は少しばかり意味が違う場合がある。例えば、「飛行機」と「航空機」。「預金」と「貯金」もしかり…。どう使い分けたらいいのだろう?

記事を読む
M&Aの相続対策、銀行に相談するメリットは何?

M&Aの相続対策、銀行に相談するメリットは何?

M&Aの対価として得た資金を老後資金にあてたい経営者も多いと思う。大きな資産を残すと残された家族には多額の相続税がかかる。相続税を少しでも少なくするため銀行に相談をする経営者は非常に多い。今回は銀行に相続対策を依頼するメリットを説明をする。

記事を読む
M&Aの相続対策、銀行に相談する場合のデメリットは何?

M&Aの相続対策、銀行に相談する場合のデメリットは何?

M&Aの相続税対策では、ノウハウがありそうな銀行に相談をしようと思うのではないだろうか。しかし、銀行に相続税対策の相談をすることにはデメリットもある。

記事を読む
『銀行という病』|編集部おすすめの1冊

『銀行という病』|編集部おすすめの1冊

本書の副題は「第2会社方式で事業と人生を再生する」。銀行と決別し、第2会社方式という大逆転の新手法で、事業を復活させ、自己破産からも免れた実体験をベースに、中小企業経営者に再スタートの方法をアドバイスする。

記事を読む
銀行内の権力闘争を描く『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男 』

銀行内の権力闘争を描く『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男 』

仏映画『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男』は、社会派の巨匠コスタ=ガヴラス監督が描いた経済サスペンス。主人公マルクは日本の銀行を買収しようと画策するが、それヘッジファンドのオーナー・ディトマーが仕掛けた巧妙な罠だった。

記事を読む
金融業界の過酷さと人間模様を描く 映画『ディーラーズ(1989年)』

金融業界の過酷さと人間模様を描く 映画『ディーラーズ(1989年)』

イギリス映画「ディーラーズ」は、大損失を出したディーラーが自殺した銀行を舞台に描かれる金融業界の過酷さと人間模様を描くビジネスドラマ。トム・クルーズ主演「卒業白書」でトムのパートナーを演じたレベッカ・デモーネイが美人ディーラーを演じる。

記事を読む
地銀の経営統合に道 長崎の銀行がモデルに

地銀の経営統合に道 長崎の銀行がモデルに

ふくおかフィナンシャルグループと十八銀行の経営統合が2年半の歳月をかけてようやく実現することになった。今後の地銀同士の経営統合のモデルになりそうだ。

記事を読む
モンゴル企業のM&Aを支援 Tryfundsが現地銀行と提携

モンゴル企業のM&Aを支援 Tryfundsが現地銀行と提携

Tryfunds(東京都港区)がモンゴル貿易開発銀行と提携し、日本の中小企業によるモンゴル企業の買収や出資などの支援に乗り出した。

記事を読む
【きらぼし銀行】合併3行の意外な「過去」

【きらぼし銀行】合併3行の意外な「過去」

東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京の3行合併による「きらぼし銀行」が5月1日にスタートした。旧3行の共通項は「東京が地元」ということ。ただ、生い立ちをたどると、それぞれ意外な「過去」を持つのだった。

記事を読む
仮想通貨 いよいよ銀行の出番か

仮想通貨 いよいよ銀行の出番か

仮想通貨交換業にLINEやヤフーが参入を表明。これに次いで、証券業務を手がけるマネックスグループも参入の検討を始めた。次は金融の本丸である銀行による仮想通貨事業参入が秒読み段階に入ってきた、とみてよさそうだ。

記事を読む