【小僧寿し】コロナ禍で長期低迷から脱し黒字回復したM&A戦略

alt

持ち帰り(テイクアウト)ずしチェーンの小僧寿し<9973>に復活の兆しが見えてきた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で外食産業は史上最悪ともいえる「氷河期」を迎えているが、同社はそれを尻目に2020年12月期に5期ぶりの黒字転換を果たしている。そこには「幸運」ともいえるM&Aの成果があった。

一時は2000店舗の巨大チェーンに

小僧寿しの創業は1964年、前身となる「スーパー寿司・鮨桝」を開業したのが始まりだ。その2年前の1962年に創業者の山木益次氏が父親からすし店の支店を任されたものの売り上げが伸びず、店を改装してすし弁当の仕出しに業態転換したが、これもうまくいかなかった。

そこでテイクアウト販売を思いつき業態転換したところ、たちまち売り切れるほどの人気店になった。「これはいける」と、4年後の1968年に同社成長のカギとなるフランチャイズ(FC)方式を導入。あっという間に出店数が増え、翌1969年には100店舗に達した。

これに手応えを感じた同社は、FCチェーンの全国展開に乗り出す。1972年2月に大阪市に、すしの製造・販売の指導をする「小僧寿し本部」を設立。その後は1977年6月に加盟店1000店舗、1981年4月には同2000店舗を達成するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長した。

1991年には小僧寿しチェーンの売上高が1000億円を超える。しかし、1990年代に店舗で飲食する回転ずし業態の多店舗展開が本格的に始まると、徐々に顧客を奪われた。とりわけ、かっぱ寿司、スシロー、くら寿司、はま寿司の4大回転ずしチェーン間で繰り広げられる激しい競争の余波で業績は低迷する。

安くて美味しいテイクアウトずしで全国展開に成功した(同社ホームページより)

2006年5月にはすかいらーく<3197>TOB株式公開買い付け)により約66億円で小僧寿し株の51.62%を取得し、子会社化する。小僧寿しはすかいらーく傘下で経営の立て直しを図ることになった。

NEXT STORY

スシローの京樽買収は本当にいい買い物だったのか?

スシローの京樽買収は本当にいい買い物だったのか?

2021/03/05

スシローが吉野家から京樽を買収しました。京樽は百貨店などで持ち帰りずしを提供しているほか、都市型の小型回転寿司店「海鮮三崎港」を運営しています。2社の相乗効果は本当に高いといえるのでしょうか。