【新生銀行】買い手に「食い物」にされた旧名門行の買収トラウマ

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
新生銀行はSBIの敵対的TOBから逃れることができるか?(Photo By Reuters)

SBIに新生銀買収のメリットはあるか?

しかし、スクイーズアウトは会社の「言い値」で強制的に買い取れるわけではない。「適正価格」での買い取りが義務付けられている。最終的に7450円で国の保有株を買い戻すことが分かっているのだから、それ以上の株価でなければ「適正価格」と認められないだろう。

市場価格をベースに「適正価格」を算定する方法もあるが、スクイーズアウトの実行が見えてくれば市場価格も高騰する。TOBが発表され、新生銀株が9月13日に2030円の高値をつけたのと同じ現象だ。そもそも7450円という「ゴール価格」が見えているため、2000円という3分の1以下の価格でTOBが成立するかどうかすら不透明だ。

こうした先の見えないTOBが、SBIにメリットをもたらすのかどうかも分からない。SBIは地方銀行再編を主導しようとしており、その中核銀行として新生銀の買収を目指している。が、新生銀は個人・法人ともに顧客層が薄く、「看板」以外の役割は期待できそうにない。地銀とのシナジー(相乗)効果は限定的だろう。

そんな新生銀に対して最大1164億円のTOBを実施し、さらには約3500億円の公的資金返済の責任を背負い込むことになる。SBIにとってはリスクの高い買収といえる。

新生銀も最初の投資ファンドによる買収で「痛い目」にあっている。現在の厳しい経営環境も、投資ファンドが送り込んできた初期の経営者による目先の利益追求と経営方針の二転三転が大きく影響している。創業当時の「トラウマ」が、SBIの高圧的なTOBに対する強い拒否反応を引き起こしているのかもしれない。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

中京銀行で希望退職に150人が応募、国内銀行での募集は12年ぶり

中京銀行で希望退職に150人が応募、国内銀行での募集は12年ぶり

2021-09-12

中京銀行は8月31日、8月2日~8月20日に応募があった希望退職者が150人であったと発表した。国内銀行本体での希望退職募集は2009年から12年ぶり。

関連のM&A速報