【キングジム】文具事務用品の“雄”~積極的なM&Aで「暮らし」全般にフォーカス

alt
キングジムの本社ビル(東京・東神田)

文具事務用品の“雄”として、抜群のネームバリューを持つキングジム。看板商品の「キングファイル」は書類の保管や整理に欠かせないファイル類の代名詞的存在だ。ラベルプリンター「テプラ」に代表される電子製品の品ぞろえも充実している。その同社が近年、アクセルを踏み込んでいるのが新領域と位置付けるインテリアライフスタイル事業。M&Aを駆って攻勢に出ている。

「暮らし」全般に着目、新中計が始動

キングジムは7月末、「第10次中期経営計画」(2022年6月期~24年6月期)をスタートした。アフターコロナに向けての基盤づくりを掲げ、成長分野への戦略投資を推し進める。文具事務用品の領域にとどまらず「暮らし」全般に着目した商品開発を進めてきたが、一連の流れをさらに加速するのが新中計の狙いだ。

コロナ禍を機にテレワークが広がるなど働き方・暮らし方の変化によってペーパーレス化やデジタル化がますます進行することが予想される。こうした中、ファイル依存の収益構造からの脱却が課題となっている。 

計画によると、今後3年間で、事業領域の拡大に100億円を配分。積極的なM&A投資をはじめ、海外展開、EC(電子商取引)事業に振り向ける。また、新製品開発・生産設備投資に20億円、販売物流システム刷新に10億円を投じる。

直近の2021年6月期業績は売上高8.6%増の363億円、経常利益85%増の27億5500万円と、コロナ禍でも好決算を確保した。部門別の売上構成は文具事務用品事業276億円(前期比3.6%増)、インテリアライフスタイル事業86億円(同28.4%増)。

M&Aで売上高を50億円積み増す

ラベルプリンター「テプラ」(ニュースリリースから)

文具事務用品事業はラベルプリンター「テプラ」、デジタルメモ「ポメラ」、デジタルノート「フリーノ」といった「電子製品」と、各種ファイルを中心とする「ステーショナリー」に大別される。

一方、インテリアライフスタイル事業は家具・室内装飾雑貨・時計・造花(アーティフィシャルフラワー)などを主力とするが、その牽引役はM&Aでグループ入りした企業群が担う。

新中計では最終年度の2024年6月期に現行の1.3倍にあたる売上高480億円を目標とする。内訳として文具事務用品事業で305億円、インテリアライフスタイル事業で125億円を想定するが、注目されるのは残る50億円をM&Aによる新事業の取り込みで賄うとしている点だ。

その公約通り、早速、M&Aを実行した。10月半ば、生活家電や雑貨、ルームフレグランス(屋内用芳香商品)などを企画・製造するライフオンプロダクツ(大阪市)を買収すると発表した。

買収金額は約37億円で、キングジムとして過去最大のM&Aとなる。言うまでもなく、「インテリアライフスタイル事業の飛躍的な拡大を実現する」(同社)のが狙いだ。

◎キングジムの業績推移(単位は億円)

20/6期 21/6期 22/6期 24/6期目標
売上高 334 363 380 480
経常利益 14.8 27.5 22.7 34
最終利益 10.8 19.6 15.6

NEXT STORY

消費低迷で相次ぐ「業績下方修正」今後は新型コロナウイルスの影響も

消費低迷で相次ぐ「業績下方修正」今後は新型コロナウイルスの影響も

2020/01/31

消費低迷を理由に業績予想を下方修正する企業が相次いでいる。ホームセンターのコメリ、クリーニング業の白洋舎、食品メーカーの石井食品がそろって通期の業績予想を修正。白洋舎、石井食品は当期損益が赤字に転落する。