新生銀行と子会社のGEコンシューマーファイナンス(GECF)は、消費者金融業を展開するシンキの株式をTOB(株式公開買い付け)により追加取得すると発表した。現在67.77%の所有割合を100%へ引き上げる。シンキは上場廃止の見込み。

新生銀行は買い付け後、シンキとGECFの業務の統合・再編成を進める。

買付価格は1株あたり100円で、公表前営業日の対象株式の終値64円に対して56.3%のプレミアムを加えた。

買付予定数は4870万8050株で、買付総額は487億7050万5000円。

買付期間は2009年2月4日から3月18日までを予定している。決算の開始日は2009年3月26日。