【新生銀行】買い手に「食い物」にされた旧名門行の買収トラウマ

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
新生銀行はSBIの敵対的TOBから逃れることができるか?(Photo By Reuters)

スクイーズアウトによる上場廃止で公的資金返済か

とはいえSBIが新生銀をTOBで買収したとしても、公的資金を完済できるかどうかは不透明だ。そもそも新生銀が四苦八苦してもホワイトナイトを探し出せないのは、同行の将来性が見いだせないから。SBIが提示したTOB価格の1株2000円が「高すぎるくらい」(北尾社長)なのは事実と言える。

確かにTOB発表前営業日の終値だった1440円を38.9%上回る2000円というTOB価格は安くない。とはいえ普通株に転換された公的資金を完済するのに必要な株価は7450円。SBIが買収して経営改革に乗り出したとしても、新生銀株にそこまでの値上がりを期待できる根拠がない。

完済の可能性があるとすれば、TOB成立後にSBIと国を合わせた持ち株比率が全体の3分の2を超えた時点で自己株買いに乗り出し、概ね9割に達した時点でスクイーズアウトにより少数株主から強制的に株式を買い上げて上場廃止。国には約3500億円のキャッシュを支払って公的資金を完済するという方法だ。

新生銀が現時点で国の保有株と引き換えに、直接約3500億円のキャッシュを支払って完済できないのは「株主平等の原則」のため。政府保有の普通株と引き換えに約3500億円のキャッシュを返済すれば、新生銀には政府と同じ株価(1株7450円)で一般株主の保有株式を買い取る義務が生じるからだ。

仮に全株主が買い取りを求めた場合、約1兆6000億円が必要になる。優先株との引き換えで約3500億円を返済しても、普通株を持つ株主から同じ株価で引き取る義務はない。だから、新生銀と同様の状況にあったあおぞら銀は公的資金を完済できたのだ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

中京銀行で希望退職に150人が応募、国内銀行での募集は12年ぶり

中京銀行で希望退職に150人が応募、国内銀行での募集は12年ぶり

2021-09-12

中京銀行は8月31日、8月2日~8月20日に応募があった希望退職者が150人であったと発表した。国内銀行本体での希望退職募集は2009年から12年ぶり。

関連のM&A速報