【綿半ホールディングス】「400年企業」がM&Aで変革に挑む

alt
東京本社のある綿半野原ビル(東京・四谷)

長野県を代表する企業グループとして知られる綿半ホールディングス。「綿半」の二文字は県内で絶大なブランド力を誇り、その歴史は400年以上に及ぶ。現在はスーパー・ホームセンターなど小売事業を主力に、建設事業や貿易事業を展開する。事業の深化と多角化を目的に近年、M&Aのアクセルを踏み込んでいる。

本能寺の変の後、刀を捨て綿の商いに

綿半のルーツは戦国末期にさかのぼる。先祖は織田信長に仕える武将の中谷勘右衛門。本能寺の変(1582年)の後、長野県飯田市に身を寄せ、民・家臣の生活と平安のため、刀を捨てて、綿を扱う商いを始めた。天下分け目の関ケ原の戦いの2年前、1598年のことだ。

以降、当主が「綿屋半三郎」を襲名し、これが「綿半」の名の由来となった。江戸中期には飯田藩ご用達商人として苗字帯刀を許され、野原姓を名乗る。現社長の野原勇氏は16代目という。

今も昔も変わらない綿半のシンボルマークは「合」の字。力を合わせ、分かち合い、響き合う「合」の旗印を掲げ、商いに邁進してきた。本拠地は今日まで飯田市のままだ。

明治に入ると、綿商いから、洋鉄やセメントなどを扱う金物商に経営を転換した。1949年に綿半銅鉄金物店を設立し、戦後復興の波に乗って建設資材販売で業績を伸ばした。1966年に綿半鋼機に社名変更。高度経済成長に伴い、鉄骨加工や屋根工事など建設事業のウエートを高めた。また、建設資材販売からの派生で、ホームセンター事業に進出し、今日の小売事業の礎を築いた。

2003年にはグループの総合力発揮を眼目に持ち株会社制に移行し、綿半ホールディングスに社名を変更した。実は、同社が株式上場したのは2014年(東証2部、翌年1部昇格)とつい最近のことだが、上場を機に明らかな変化があった。M&Aが次々に繰り出されるようになったのだ。

上場後、小売事業で7件のM&Aが集中

M&Aが集中しているのが小売事業。2015年以降、7件を数える。業種も食品スーパー、ホームセンター、ドラッグストア、菓子専門店、インターネット通販、家具販売店、家具製造とさまざまだ。

現在、長野県を中心に東京都、愛知県、山梨県、岐阜県、埼玉県、神奈川県に50店舗(3月末)を持つが、そのほぼ半数は一連のM&Aで獲得している。

例えば、2015年に食品スーパーのキシショッピングセンター(現綿半フレッシュマーケット、愛知県一宮市、6店舗)、16年にホームセンターのJマート(現綿半Jマート、東京都新宿区、10店舗)、2020年にドラッグストア経営のほしまん(長野県佐久市、6店舗)をそれぞれ傘下に収めた。

小売事業は全売上高の7割を担う大黒柱に成長。2021年3月期の部門売上高は806億円(前年度比3.8%増)で、5年前の504億円から6割拡大している。店舗改造・新規出店に加え、積極的なM&A戦略の成果といえよう。

主な沿革とM&A
1598 長野県飯田市で綿屋として創業
1868 綿商いから金物商に転換
1949 綿半銅鉄金物店を設立
1961 鉄構部門を設立し、鉄骨加工を始める
1964 綿半ストアー飯田店を開店
1965 貿易事業を開始
1966 綿半鋼機に社名変更
1977 ホームセンター事業に参入
1987 立体駐車場事業を開始
2003 綿半ホールディングスに社名変更し、持ち株会社制に移行
2006 食品スーパーとホームセンターを合体したスーパーセンター化に着手
2010 医薬品原料輸入のミツバ貿易(現綿半トレーディング)を子会社化
2014 東証2部上場(翌年東証1部に)
2015 食品スーパーのキシショッピングセンター(現綿半フレッシュマーケット、愛知県一宮市)を子会社化
2016 ホームセンターのJマート(現綿半Jマート、東京都新宿区)を子会社化
2018 インターネット通販のアベルネット(現綿半ドットコム、東京都新宿区)を子会社化
2019 茶葉・菓子製造の丸三三原商店(現綿半三原商店、長野県安曇野市)を子会社化
木造住宅のサイエンスホーム(浜松市)を子会社化
2020 家具・インテリア販売のリグナ(東京都中央区)を子会社化
ドラッグストアのほしまん(長野県佐久市)を子会社化
2021 家具メーカーの大洋(静岡県島田市)を子会社化
木造住宅の夢ハウス(新潟県聖籠町)を子会社化

NEXT STORY

【2020年】マツダ・イトーヨーカ堂・横浜銀行…「100年企業」のルーツは?

【2020年】マツダ・イトーヨーカ堂・横浜銀行…「100年企業」のルーツは?

2020/01/06

「TOKYO2020」イヤーの今年に、創業100年の節目を迎える企業は1458社を数える(東京商工リサーチ調べ)。1920(大正9)年生まれを代表する企業をピックアップし、そのルーツを探ってみると。