【三光マーケティングフーズ】居酒屋事業の苦境打破なるか 「水産事業」育成へM&A

alt
三光マーケティングフーズが展開する居酒屋「金の蔵」(都内)

居酒屋チェーン「金の蔵」などを展開する三光マーケティングフーズ。長期化する新型コロナウイルス感染拡大の直撃で外食企業の多くが疲弊しているが、同社も例外ではない。コロナ前に比べ、直営店舗数は3分の1に縮小し、売上高は5分の1に激減した。

逆境下、活路を求めて水産事業を立ち上げ、その一環として11年ぶりの企業買収に取り組む。また、海外での本格的な事業展開を見据え、10月1日付で「SANKO MARKETING FOODS」に社名変更する。反転攻勢の狼煙(のろし)となるか。

総合居酒屋からの脱却に遅れ

三光マーケティングフーズが8月半ばに発表した2021年6月期業績は売上高71%減の21億円、営業赤字17億円(前期は20億円の赤字)、最終赤字18億円(同27億円の赤字)と極めて厳しい内容だった。

売上高は2年前の2019年6月期(107億円)の2割まで落ち込だ。もっとも、原因は昨年来のコロナ禍だけではない。すでに営業赤字は4年連続、最終赤字は5年連続。根底にあるのが主力事業の総合居酒屋を取り巻く環境変化だ。

総合居酒屋は凋落傾向がはっきりして久しい。かつては絶大な支持を集め、店舗数を競ってきたが、今や「何ら特徴のない居酒屋」としてとらえられ、集客力が低下。総合居酒屋は大型店舗を多数抱えてきたが、需要減とともに逆に弱みとなり、業績の足を引っ張る状況となった。

こうした中、総合居酒屋からの脱却と大型店の整理・再編を進めていたところに、コロナ禍が直撃。臨時休業や営業時間短縮で売上高が急落し、不採算店舗の閉鎖による減損処理などで大赤字に陥った。

2021年6月期末時点での店舗数は直営29、運営受託21、FC(フランチャイズ)4の計54店舗。なかでも直営店舗数は2年前の100店舗から3分の1以下に減った。今や「金の蔵」は14店舗にとどまり、「東方見聞録」「月の雫」といった往年の主力ブランドも姿を消した。一方、現在育成中の居酒屋「アカマル屋」、焼肉店「焼肉万里」は郊外に位置する中小型店舗で、コロナ禍でも善戦中という。

◎三光マーケティングフーズの業績推移(単位億円、店舗数は運営受託店、FC店を含む)

19/6期 20/6期 21/6期
売上高 107 73 21
営業損益 △9.9 △20 △17
最終損益 △15 △27 △18
純資産 41 19 4.8
店舗数 111店 88店 54店

沼津の漁協と提携、水産事業に進出

居酒屋事業が総崩れの様相を見せる状況下、どう攻勢に転じるか。三光マーケティングが失地挽回に向けて取り組みを始めたのが水産事業だ。

ちょうど1年前の昨年9月、沼津我入道漁業協同組合(静岡県沼津市)との業務提携を発表した。日本の漁業活性化と相互の事業発展を目的とし、三光は首都圏の系列店舗に魚を供給するとともに、EC(電子商取引)サイトなどを通じて全国に沼津の魚の魅力を発信する。

昨年11月には共同プロジェクトの第一弾として沼津港食堂街に定食店「まるが水産」をオープンしたが、運営を担うのは三光だ。また、沼津直送鮮魚の寿司を提供する新業態「まるがまる」の1号店を昨年11月に神奈川県横須賀市、続いて今年2月に高田馬場に出店した。

そして水産事業の基盤構築に向けて次の一手として繰り出したのがM&Aだ。

2021年2月にオープンした寿司業態「まるがまる」の高田馬場店(東京都新宿区)

NEXT STORY

ロードサイド中心の「山岡家ラーメン」コロナ越えの可能性も

ロードサイド中心の「山岡家ラーメン」コロナ越えの可能性も

2021/09/15

ラーメンチェーン店の丸千代山岡家の、2022年1月期第2四半期の営業損益が黒字転換した。当初500万円の赤字見込みだったが、原材料費や人件費、店舗運営コストなどの抑制により黒字化を達成した。