新型コロナ危機が続く中、9月も上場企業による希望(早期)退職者募集の動きが加速した。約770人を対象に希望退職などを募る東芝、300人規模のTSIホールディングスをはじめ、6社を数える。今年1~9月に募集計画を発表した企業数は48社(延べ51社)に上り、昨年1年間を10社以上上回るハイペースだ。

東芝、システムLSI撤退で770人の人員対策

東芝は9月29日、システムLSI(大規模集積回路)事業から撤退するのに合わせ、傘下の東芝デバイス&ストレージ(TDSC)で約770人の人員対策を2021年2月末までに実施すると発表した。希望退職者の募集とグループ内での再配置で対応する。希望退職者については準備が整い次第、順次募集を始める予定。

TDSCは2017年に、東芝の社内カンパニーから独立し、半導体製品とHDD(ハードディスク装置)を両輪とする。TDSCは昨年もシステムLSI事業の構造改革の一環として約350人の希望退職者を募集(414人応募、9月末退職)しており、2年連続となる。

システムLSIを巡っては車載・産業用途を中心に市場開拓を進めてきたが、苦戦が続いていた。同じ半導体でもアナログIC、マイコンは引き続き新規開発を継続する。

海外ウエディング大手のワタベウェディングは国内直営11店舗の閉店とこれに伴い120人の希望退職者を募ると発表(9月30日)した。新型コロナの影響で今年4月以降、海外挙式が開催不能になるなど、国内外の挙式の多くが延期を余儀なくされている。35歳以上の正社員と契約社員が対象で、募集期間は10月26日~11月15日。

アパレル大手のTSI、5年ぶりに募集

5年ぶりの募集に踏み切ったのはアパレル大手のTSIホールディングスだ。募集人数はグループ全体の本部部門に勤務する正社員、契約社員、パート・アルバイトを対象に約300人。10月1日から2021年2月末にかけて募る。

新型コロナの影響下、同社の2021年2月期は2年ぶりに最終赤字に転落が見込まれている。上期(3~8月)に88店舗、下期はさらに122店舗の閉店を計画する。

外食でも1件あった。居酒屋「酔虎伝」「八剣伝」などを展開するマルシェは9月半ばに計画を発表し、募集(20人程度)を同月中に終えた。新型コロナによる業績悪化を受け、2021年3月期中に関西地区の大型店舗を中心に全体の1割強にあたる17店舗前後を閉店する予定。

このほか9月には、JSRが50人程度を募る特別転進支援施策の実施、オリジンが人数を定めず希望退職者を募集することを発表。JSRは50歳以上58歳未満の勤続15年以上、オリジンは45歳・勤続10年以上を対象とする。

三菱自動車、500~600人規模に

同じ製造業では、電線大手のフジクラが事業再生に向けた「100日プラン」の中で、国内従業員200人規模の削減を盛り込んだ。今回の集計には加えていないが、希望退職者募集で対応するとみられる。

三菱自動車は国内で500~600人規模の希望退職者を11月に募集することが報じられた。同社は7月に、2021年3月期に3600億円の最終赤字になる見通しを発表した際、間接部門の人件費圧縮のため、希望退職者募集などの方針を明らかにしていた。

募集人員はおよそ8000人に

今年に入り、希望退職者募集を発表した上場企業は9月末で少なくとも48社(ぱど、ラオックス、シチズン時計は各2回)あり、3カ月を残して前年の36社を3割も上回る。

募集総数(予定人数を集計)はおよそ8000人に上る。募集人数を非公表としているケースもあり、実際には人数がさらに膨らんでいるのが実態だ。

◎2020年1~9月:希望退職者募集を発表した企業(青字は9月中の募集結果の発表分)

9月 マルシェ 20人程度(9月14日~25日)
JSR 50人程度(10月1日~15日)
TSIホールディングス 300人程度(10月1日~2021年2月28日)
オリジン 定めず(10月21日~30日)
東芝 最大約770人(東芝デバイス&ストレージ、近く募集)
ワタベウェディング120人程度(10月26日~11月15日)
8月 シライ電子工業 60人程度(9月7日~25日)→71人応募
クックビズ 50人程度(8月17日~9月16日)→63人応募
ワールド 約200人(9月14日~9月30日)
チムニー 100人程度(8月13日~26日)→152人応募
武田薬品工業 人数は非公表(国内部門、9月28日~10月16日)
夢展望 15人程度(9月14日~10月2日)
デクセリアルズ 50人~100人程度(9月14日~11月30日)
河西工業 300人程度(9月7日~18日)
7月 ペッパーフードサービス 200人程度(7月6日~7月31日)→183人応募
ミツバ 500人程度(8月24~9月11日)→549人応募
タツミ 30人程度(8月24日~9月11日)→19人応募
日本ケミファ 30人程度(8月7日~8月28日)→42人応募
三菱自動車 500~600人程度(間接部門で実施予定)
シチズン時計(2) 550人(子会社のシチズン時計マニュファクチャリング、10月14日~11月18日)
6月 レオパレス21 約1000人(6月22日~7月31日)→1067人応募
フレンドリー 110人程度(6月中旬以降一定期間)
三共生興 約30人(7月20日~31日)→28人応募
第一商品 100人(6月23日~7月10日)→140人応募
ダイヤモンドエレクトリックHD 150人程度(8月3日~26日)→165人応募
ラオックス(2) 250人程度(7月1日~31日)→114人応募
5月 さいか屋 120人程度(6月下旬)→108人応募
東京製綱 中国・常州工場が対象。5月11日から実施
ぱど(2) 追加募集70人程度(5月28日~6月3日)→73人応募
ぱど(1) 100人程度(5月14日~20日)→105人応募
オーミケンシ 全従業員を対象に勇退勧奨(10月末日退職)
リズム8月に募集(人員規模は未定)→92人応募
レナウン 300人程度(6月4日~11日)→約180人
タチエス 250人(7月20日~8月7日)→232人応募
岡本硝子 20人弱(6月1日~17日)→16人応募
4月  廣済堂 240人程度(6月15日~7月3日)→230人応募
3月 東海染工 20人程度(3月9日~16日)→14人応募
ユニバンス 200人程度(3月中~7月末)→130人応募
HANATOUR JAPAN 30人程度(3月24日~30日)→24人応募
日本ケミコン 100人程度(4月10日~30日)→157人応募
2月 芝浦機械(旧東芝機械) 200~300人規模(3月中旬~7月29日)→252人応募
シチズン時計(1) 200人程度(子会社のシチズン電子など2社で)
サッポロHD 定めず(5月1日~7月10日→51人応募、10月1日~12月10日)
ラオックス(1) 160人程度(2月17日~3月6日)→111人応募
NISSHA 250人程度(4月28日~5月15日)→268人応募
三井E&S HD 200人(6月1日~15日、千葉工場での造船事業終了に伴う)→?
1月 ジオマテック 40人(2月3日~3月2日)→?
リョーサン 80人程度(2月3日~14日)→62人応募
曙ブレーキ工業 200人(2月24日~3月23日)→154人応募
片倉工業 100人程度(3月9日~19日)→138人応募
佐鳥電機 60人程度(3月16日~31日)→46人応募

文:M&A Online編集部