新型コロナウイルス対策として紫外線に注目が集まっている。もともとウイルスが紫外線に弱いことは分かっていたが、新型コロナウイルスについても紫外線の効果が確認され、応用商品の開発や採用の動きが広まってきた。 

新型コロナウイルスがガラスや金属などの滑らかな面だと2日以上活性があることも分かっており、紫外線を用いれば、壁や机、ノブなどに付着したウイルスによる感染を低減できる可能性がある。紫外線の効果とはどの程度のものなのか。 

効果高い紫外線C波 

新型コロナウイルス感染症の治療に取り組んでいる藤田医科大学(愛知県豊明市)の村田貴之教授らの研究グループは、フジデノロ(愛知県小牧市)と共同で、UVC (紫外線C波=波長100ナノ(ナノは10億分の1)―280ナノメートルの短波長紫外線)が新型コロナウイルスを不活性化する能力が高いことを確認した。 

UVCはオゾン層に吸収されて地表には届いていない紫外線で、UVAやUVB に比べて波長が短く、エネルギーが高いのが特徴。このため新型コロナウイルスの感染防止の手段として有効と考えられていたが、新型コロナウイルスに対するUVCの効果に関しては十分な情報がなかった。 

実験では新型コロナウイルス液10ミリリットルを、金属に擦り付け乾燥させたうえで、フジデノロ製UVC紫外線照射装置の光源と、UV殺菌灯の光源を一定時間照射し比較した。 

その結果、市販のUV灯では2秒照射することで新型コロナウイルスが95.5%減少、10秒照射で99.99%減少した。一方、UVCは0.5秒照射で98.7%減少、2秒照射で99.99%減少し、4秒後には検出限界以下となった。 

藤田医科大学では「99.99%減少にかかる時間は、市販UV灯では10秒、UVCでは2秒だったため、単純計算でUVCは市販UV灯の約5倍の効果があった。UVCの有効性を確認する本研究は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための重要な基礎的データとなる」としている。