興銀リースは、東芝ファイナンス(東京都品川区)の法人向け金融サービス事業と、同社子会社で医療用機器のリースを展開する東芝医用ファイナンス(東京都文京区。売上高265億円、営業利益3億4200万円、純資産41億1000万円)を取得すると発表した。

東芝ファイナンスの法人向け金融サービス事業については、同社の100%子会社でリース満了資産の処理業務を手がけるティーファス(東京都世田谷区)が同事業を承継したうえで、興銀リースが同社の株式90%を取得する。残り10%は東芝が所有する。東芝医用ファイナンスについては株式65%を取得する。

取得価額はいずれも未定。取得予定日は2012年2月1日。

興銀リースは今回の取得により、東芝グループの広範囲にわたる販売チャネルとの連携強化を進め営業基盤の拡充を図る。

追記事項

2011-11-1

取得価額はティーファスが130億円、東芝医用ファイナンスが26億円。