コンビニのポプラ、140店舗を「ローソン・ポプラ」「ローソン」に

alt
東京・四ツ谷

ローソンとポプラが共同事業 ポプラ140店舗を「ローソン・ポプラ」「ローソン」に転換

公開日付:2020.09.10

 (株)ローソン(TSR企業コード: 570552710、品川区、東証1部)と、(株)ポプラ(TSR企業コード:740156381、広島市、東証1部)は9月10日、共同事業契約を締結したと発表した。
 ポプラが展開する「ポプラ」などコンビニエンスストア468店舗のうち、140店舗を「ローソン・ポプラ」や「ローソン」に2021年3月から同年6月までに順次転換していく予定。
 ポプラは100%子会社を設立し、140店舗を同社へ承継させる。承継した店舗資産などをローソンが一部承継し、対価としてローソンがポプラに7億3,100万円を支払う。また、ローソンはメガフランチャイズ契約の契約金等として、ポプラや新設子会社に8億円を交付する予定だ。
 ポプラの担当者は東京商工リサーチの取材に対し、「ポプラは24時間営業の店舗が3割弱。24時間営業ではない施設内の出店が近年多く、物流など非効率だった。24時間営業のロードサイドや住宅街の店舗をローソンと共同事業にすることで効率化を図っていきたい」とコメントした。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

【ファミリーマート】今は伊藤忠傘下だが、かつての親会社ってどこ?

【ファミリーマート】今は伊藤忠傘下だが、かつての親会社ってどこ?

2020/07/23

ファミリーマートが株式市場から“退場”する。親会社の伊藤忠商事がTOBで完全子会社化するためだ。ファミマが株式上場したのは1987年にさかのぼるが、その当時から伊藤忠の傘下にあったわけではない。ファミマの産みの親となった企業とは?

関連のM&Aニュース