野村不動産ホールディングスは、東芝の子会社である東芝不動産(東京都港区。売上高428億円、営業利益120億円、純資産1340億円)の株式65.000%を取得し、子会社化すると発表した。

東芝は経営資源の効率化を進めており、不動産事業については不動産会社との戦略的提携が最適であると判断した。一方、野村不動産は、東芝不動産を傘下に収めることで、東芝グループ各社を主要テナントとする優良な賃貸不動産を保有することが可能となる。

取得予定価額は800億円。2008年12月末日までに取得を完了する。