富士通と東芝は、携帯電話事業の強化を目的とした事業統合に基本合意した。2010年10 月1日をめどに新会社を設立し、東芝の携帯電話事業を移管した上で、富士通が新会社の株式の過半を取得する。

富士通は、NTTドコモ向けに独自機能を搭載した携帯電話端末の開発・製造を行っている。東芝は、液晶テレビ事業で培った映像技術やスマートフォン関連技術に強みを持ち、KDDIを中心にNTTドコモ、ソフトバンク向けに携帯電話端末を提供してきた。今回の統合により国内携帯電話端末の開発基盤を強化し、国内シェアNo.1を目指す。

今後、両社で具体的な検討を行い、7月末をめどに最終的な契約を締結する予定。

取得価額は協議中。取得予定日は2010年10月1日。