東芝は、マレーシアにある半導体後工程製造子会社のToshiba Electronics Malaysia Sdn. Bhd.(スランゴール州クアラ・ランガット)の全株式を、米国の半導体後工程製造大手アムコア・テクノロジー(アリゾナ州) に売却することを決議した。

東芝エレクトロニクス・マレーシアは、主にディスクリートとアナログ製品の組み立てを中心に事業を拡大し、近年はパワー半導体を主力としている。世界第2位の後工程専業会社であるAmkor Technology Inc.の傘下に入ることで、規模のメリットや部材調達力などを最大限に活用し、パワー半導体の拡大・強化に必要なコスト競争力の強化を図る。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2012年1月初旬。