「ソフトバンク」は、なぜ2000円でPCR検査ができるのか

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
写真はイメージです

ソフトバンクグループ<9984>の子会社である新型コロナウイルス検査センター(東京都港区)が、新型コロナウイルスのPCR検査を1回2000円(送料などは除く)で実施する。現在一般的な検査費用は1回2万-4万円のため、10分の1以下という低価格だ。 

使用する検査キットはタカラバイオ<4974>の製品で、100万回分を確保しているという。これほどまで安くできる検査キットとはどのようなものなのか。またこのキットを活用して低価格検査を実現した仕組みとはどのようなものなのか...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5