JR東日本<9020>が2021年春のダイヤ改正から、山手線や京浜東北線、中央線など東京駅から100キロ圏内の路線で、最終列車の運行時間を30分程度前倒しすることになった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で深夜帯の乗客が減少していることに対応した措置だが、そのコロナ禍で息も絶え絶えとなっている「夜の街」の飲食・サービス業にとどめを刺しかねない措置だ。

終電30分繰り上げが夜の街の貴重な1回転を奪う

2020年8月の山手線での深夜帯利用客は、前年同月の3分の1にまで落ち込んだという。JR東日本では今後もテレワークをはじめとするコロナ時代の「行動様式」が定着するとみて、深夜利用は復活しないと予想している。そのため「終電時間を早めても問題はない」との認識のようだ。

現在、東京圏の終電発車時刻は下りが午前1時前後、上りが午前0時前後に設定されている。これがそれぞれ午前0時30分、午後11時30分に繰り上がることになる。これに最も打撃を受けるのは「夜の街」の飲食・サービス業だろう。来春にコロナ禍が収束したとしても、ダイヤ改正で30分早く顧客が帰宅することになる。

いわゆる1次会の会場となるような大型のレストランや高級和食・中華店は変わりないだろうが、2次会、3次会で利用される中小の居酒屋や小料理屋、バーなどは影響を免れない。特に3次会は終電が早まることで、需要自体が消滅する可能性もありそうだ。JR東日本が終電時間を繰り上げれば、当然ながら接続する私鉄も追随する。東京圏全体で「夜の街」は強制時短を迫られることになりそうだ。

「夜の街」の従業員が電車通勤をしている場合は、閉店後の後片付けのための時間が必要になる。従業員を終電に間に合わせるために閉店時間を同11時から同10時30分に早めれば、ラストオーダーや受付終了は同10時30分から同10時という具合に、どんどん繰り上がっていく。そうなれば深夜需要が残ったとしても、店側が受け付けられないということになる。「たかが30分」だが、コロナ禍で弱った「夜の街」の飲食・サービス業にとっては、貴重な「最後の1回転」を失う痛手となる。