M&A速報

マルシェ<7524>、飲食店運営のノモスの事業を譲渡

2010/03/10

マルシェは飲食店運営のノモス(大阪市。売上高3億7500万円、純資産△4億700万円)の事業を、ノモス代表取締役でマルシェ専務取締役の竹内浩徳氏が設立する新会社へ譲渡することを決議した。

ノモスは大阪でカジュアルレストランやカフェ業態などの4店舗を営業している。竹内氏から独立するにあたり事業を取得したいとの申し出があった。事業譲渡完了後、ノモスは解散する。譲渡価額は未定。譲渡予定日は2010年3月31日。

関連の記事

先行き見えない「居酒屋」相次ぐ赤字転落や経営破たん

先行き見えない「居酒屋」相次ぐ赤字転落や経営破たん

2021/04/17

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、居酒屋が苦境に追い込まれている。「庄や」「磯丸水産」「和民」「はなの舞」「水滸伝」などがいずれも赤字に陥る。東京商工リサーチの調査では2020年度に居酒屋の倒産件数が過去最多となった。

ロイヤルHDも希望退職、外食企業で募集は昨年のゼロから5社に

ロイヤルHDも希望退職、外食企業で募集は昨年のゼロから5社に

2020/10/29

「コロナ禍」を受け、外食産業で希望退職者を募る動きが広がっている。ロイヤルホールディングスが約200人を募る計画を発表。これにより、今年に入り希望退職者を募集する外食の上場企業は5社を数える。同様の例は昨年ゼロだったが、状況は様変わりだ。

東芝・ワタベウェディング・マルシェ…9月もひっきりなしだった希望退職者募集

東芝・ワタベウェディング・マルシェ…9月もひっきりなしだった希望退職者募集

2020/10/01

新型コロナ危機が続く中、9月も上場企業による希望退職者募集の動きが加速した。東芝、ワタベウェディングなど6社を数える。今年1~9月に募集計画を発表した企業数は48社(延べ51社)に上り、昨年1年間を10社以上上回るハイペースだ。

居酒屋業界の生き残りをかけたチムニーとマルシェの資本業務提携

居酒屋業界の生き残りをかけたチムニーとマルシェの資本業務提携

2017/07/14

「はなの舞」を運営する飲食業界第4位のチムニーが、「酔虎伝」「八剣伝」などを運営するマルシェと資本業務提携を締結しました。消費者や投資家からすれば、取るに足らない小さな資本業務提携です(実際、チムニーの株価はほとんど動きませんでした)が、実は今回の提携は居酒屋業界の熾烈な戦いにおける生き残り策を表しているのでした。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5