ペッパーフードサービス 85億円でペッパーランチ事業の売却手続きが終了

公開日付:2020.08.31

 「いきなり!ステーキ」などを展開する経営再建中の(株)ペッパーフードサービス(TSR企業コード: 292855524、墨田区、東証1部)は8月31日、連結子会社でペッパーランチ事業を手がける(株)JP(TSR企業コード: 134580630、墨田区)を投資ファンドに売却し、株式譲渡対価の85億円の支払いを受けたと発表した。
 店舗閉鎖など経営立て直しを急いでおり、同日、プリペイド機能の「肉マネー」を2021年12月31日終了することも発表した。ペッパーフードサービスは、早目の利用を促している。
 「肉マネー」の入金(チャージ機能)や肉マネーギフトカード販売は2020年11月30日で終了し、購入済みの肉マネーギフトカードは有効期限まで利用できる。
 ペッパーフードサービスは、「肉マネー」の終了について、「2020年9月からQRコード決済を一部店舗を除いてスタートし、決済サービスが充実したため」と説明している。

「ペッパーランチ」の店舗(TSR、7月撮影)
「ペッパーランチ」の店舗(TSR、7月撮影)©東京商工リサーチ

東京商工リサーチ「データを読む」より