menu
Social media

ビジネス

Jフォン、ボーダフォンからソフトバンクへ! 孫正義氏の見果てぬ夢

Cover 729c53be ce0d 4e25 8c89 02c0f3b27bff

 2017年末、楽天<4755>・三木谷浩史会長兼社長は携帯電話事業への参入を高らかに宣言した。NTTドコモ<9437>、KDDI(au)<9433>、ソフトバンク<9984>に次ぐ第4の通信キャリアの登場だ。成功するか、本当に市場に浸透するかどうかは未知数だが、寡占といわれ続けてきた市場に大きな波紋を投げかけたことは事実だ。

 その動向に対し、ソフトバンク・孫正義会長兼社長は「新しい挑戦をする意欲が生まれ続けることが大事だ」と歓迎する意向を示したという(2017年12月26日、朝日新聞デジタルほか)。

業界の覇者もスタートはチャレンジャー

 ソフトバンクの創業は1981年。日本ソフトバンクとして、パソコン用パッケージソフトの流通事業を開始したことに始まる。1990年には社名をソフトバンクに変更した。以後、同社の沿革から、携帯電話事業に関わる主要な動きを振り返ってみよう。

 携帯電話を見込んだ通信・電話事業への参入は、2000年代初頭のこと。2002年には、IP電話サービス「BBフォン」の商用サービスを始め、2003年には「050番号」を利用した「BBフォン」サービスの提供を開始した。2004年には、J-PHONE(Vodafone)のブランドを擁する日本テレコムの株式を取得して子会社化、まず、固定通信事業に参入し、NTT東日本・NTT 西日本以外の電話会社による直収型固定電話サービスである「おとくライン」の商用サービスに乗り出した。

 そして2006年、英国ボーダフォン・グループとボーダフォンの買収について合意し、ボーダフォンの株式を公開買い付けなどで取得して子会社化する。10余年前のボーダフォンの買収により、ソフトバンクは移動通信事業への本格的参入を果たした。同年、ソフトバンクはAQUOSケータイのファーストモデルである「Vodafone 905SH」を発売し、割賦による端末販売を開始した。

 独自の販売手法・サービスが注目を集め始めたのも、この時期。2007年には、移動通信サービスの新料金プラン「ホワイトプラン」の提供を開始。2008年には、ソフトバンク携帯電話とIP電話「BBフォン」との国内通話が24時間無料になる通話割引サービス「ホワイトコール24」を開始した。さらに、固定電話と携帯電話の融合を意味するFMC(Fixed Mobile Convergence)サービス「ホワイトライン24」の提供を開始した。

業界動向

関連のM&Aニュース

楽天<4755>、爽快ドラッグを子会社化

エナリス<6079>、KDDI<9433>と資本・業務提携、KDDIは筆頭株主に

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

NTTドコモ<9437>仲裁裁定受領、タタ・サンズ側に約1300億円の損害賠償命令

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

楽天<4755>、子会社であるケンコーコム<3325>を公開買付けへ

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

楽天<4755>、米国キャッシュバックサイト運営会社を約10億ドルで買収。

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

NTTドコモ<9437>、マガシーク<3060>の株式等に対する公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

楽天<4755>、フランスの物流事業者Alpha Direct Services社を買収

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

楽天<4755>、アイリオ生命保険を子会社化。

エヌ・ティ・ティ・ドコモ<9437>、タワーレコードを子会社化。

楽天<4755>、ケンコーコム<3325>を子会社化。

楽天<4755>、スタイライフと業務・資本提携。

エヌ・ティ・ティ・ドコモ<9437>、らでぃっしゅぼーや<3146>の株券等に対する公開買付を開始。

楽天<4755>、カナダの電子書籍事業者のKobo社を買収。

楽天<4755>、英国進出に向けPlay Holdings Limited社を買収。

KDDI<9433>によるウェブマネー<2167>への公開買付終了

KDDI<9433>、ウェブマネー<2167>の普通株式及び新株予約権を公開買付により取得

楽天<4755>、楽天銀行を株式交換により完全子会社化

楽天<4755>によるイーバンク銀行株券に対する公開買付が終了

三井物産<8031>子会社であるリンクシェアジャパンと楽天<4755>完全子会社のトラフィックゲートが合併

楽天<4755>、イーバンク銀行の全株券に対する公開買付を実施

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

KDDI<9433>、JCOMの株式を取得し関連会社化

NEXT STORY

楽天の携帯電話市場参入で業界はどうなる?5G開発を急ぐNTTドコモ

楽天の携帯電話市場参入で業界はどうなる?5G開発を急ぐNTTドコモ

楽天の携帯電話市場への参入では、基地局の設置工事などに伴い、資金調達残高が2019年のサービス開始時には約2000億円、2025年には最大で6000億円規模を想定しているという。その金額が大きいものかどうか、楽天のこれまでの買収の金額、NTTドコモの設備投資額などから、あらためて考えてみたい。


注目の記事

Thumb a74d3946 3b82 4cfc b75b 60ab0694085b

「やっぱりあさくま」対「いきなり!ステーキ」の仁義なき戦い

テンポスホールディングスの子会社あさくまが、新業態「やっぱりあさくま」をオープンしました。リブロースステーキが1グラム当たり6.9円と株式市場を賑わす「いきなり!ステーキ」を相当”オマージュ”した様子。新業態を起爆剤に上場の夢を果たせるでしょうか。

Thumb be79808e 2eb5 42f4 bca2 a7d95b8b488d
Thumb d90165c3 76c8 4aea 9ba4 1e345cdb709c
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c