楽天(東京都)は、連結子会社(所有割合45.73%及び間接保有割合10.43%)のケンコーコム(マザーズ上場、福岡県)を完全子会社化するため、同社の株式を公開買付けにより取得することを決議した。

楽天は、ケンコーコムを完全子会社化することにより、資本力・価格競争力・知名度の高い事業者の参入や医薬品のインターネット販売の解禁等により今後一層激しくなると想定される健康関連のEC業界において、より深い資本関係を構築することによりケンコーコムの更なる知名度及び資本力の強化が見込まれ調達部門における交渉力の強化等スケールメリットを享受できるとしている。

公開買付の買付価格は1株あたり1,005円で、前日終値に対して20.79%のプレミアム。買付予定数は3,143,652株、下限は753,600株、上限は設定されていない。

買付予定価額は39億円。

買付期間は平成27年11月27日から平成28年1月18日。

本公開買付によりケンコーコムの全株式を取得できなかった場合、二段階買収により全株式を取得する予定。ケンコーコムは上場廃止となる予定。