楽天は、健康関連商品の販売・EC(電子商取引)事業を手がけるケンコーコムが実施する第三者割当を引き受け子会社化すると発表した。所有割合は40.48%となるが、100%子会社のRSエンパワメント(東京都世田谷区)の所有分10.93%と合わせて51.41%となる。

ケンコーコムは「楽天市場」の同分野における主な出店企業の一つ。今後、両社は健康関連商品の販売拡充、物流インフラ効率化、海外業務展開、医薬品のネット販売強化などについての協議を進める。

取得価額は15億2000万円。取得予定日は2012年6月19日。