エヌ・ティ・ティ・ドコモとタワーレコードは、2005年に資本提携(エヌ・ティ・ティ・ドコモの出資比率42.1%)し、協業を推進してきたが、このたびエヌ・ティ・ティ・ドコモは、タワーレコードの株式を追加取得し、子会社化する。

追加取得後の出資比率は、50.3%となる。

エヌ・ティ・ティ・ドコモは、タワーレコードを子会社化し、スマートフォン等のモバイルとのシナジーを図ることで、CD/DVDの店舗販売に加えて、現在成長中のインターネットによるCD/DVDの販売(物販)等、「コマース事業」への進出を加速する。