KDDIとJパワーは、法人向け電力販売を手がけるエナリスの株式公開買い付け(TOB)を始めると発表した。エナリスは今回のTOBに賛同を表明している。同社は電力販売のほか電力需要家の電源選択や効率的利用へ向けたサービス、節電マネジメントサービスといった電力の有効利用につながる事業を手がける。

TOB成立後はエナリスの議決権保有比率をKDDIが59%、Jパワーが41%に配分する。VPP(仮想発電所)やブロックチェーン(分散型台帳)などのノウハウを持つエナリスと協業し、KDDIは電気小売り「auでんき」のサービス拡充、Jパワーは電力販売方法の多様化を目指す。

買い付け価格は1株700円で、公表日の前営業日の終値483円に対して44.93%のプレミアムを加えた。買付予定数の下限は1002万400株で、上限は設けていない。買い付け総額は最大で約240億円。TOBで50.6%以上の株式を取得し、総議決権数が3分の2を超えた場合はエナリスの上場を廃止する見通し。

買い付け期間は2018年11月7日から12月19日まで。