menu
Social media

ビジネス

玩具業界の動向から、クリスマスプレゼントの傾向と対策を読み解いてみた

Cover 5f85a039 4acc 4add 9d6a bfed35c17f9e
※画像はイメージです

 クリスマスイブの今日、プレゼント探しに奔走しているという人も多いのでは? 総務省統計局の家計調査によれば、クリスマスイブに支出が多くなるものの一つが「玩具」。少子化が進む中、金額としては減少しているものの、子どもへのクリスマスプレゼントとして玩具は安定の存在感を保っているようだ。そこで今回は、玩具業界にスポットを当てつつ、クリスマスプレゼントの傾向と対策を考えてみた。

やっぱり強いのはゲーム

 バンダイが毎年実施している「今年のクリスマスに関する意識調査」(2017年)によれば、子どもが欲しがっているクリスマスプレゼント1位は「ゲームソフト」。同率4位には「ゲーム機」もランクインしており、家庭用ゲーム市場はクリスマス商戦でさらに活気づきそうだ。


2017年 子どもが欲しがっているクリスマスプレゼント 総合TOP5
1位ゲームソフト
2位ぬいぐるみ・人形・フィギュア
3位車玩具
同率4位キャラクターのなりきり・変身玩具
同率4位ゲーム機

 出典:バンダイ「今年のクリスマスに関する意識調査」(2017年)

ニンテンドースイッチ
Photo by Kana Natsuno

 ファミ通調べによると、2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハードが765.1億円(昨年対比144.0%)、ソフトが766.9億円(同95.4%)で、計1,532億円(同114.8%)になるとのこと。2014年上半期以来、3年ぶりにハード・ソフト合計の昨年対比がプラスになったという。その立役者となったのは、今年3月に任天堂<7974>から発売された「ニンテンドースイッチ」だ。2016年の国内家庭用ゲーム市場規模が2994.8億円だったことを考えると、その勢いを感じずにはいられない。12月10日時点で世界累計販売台数1000万台を突破し、任天堂も年末に向けて増産体制を整えたとはいうが、品薄状態はしばらく続くだろう。

 ソフト面でいえば、11月に発売されたポケモンシリーズ最新作「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(ニンテンドー3DS)といった大型タイトルの存在も市場拡大に貢献しそうだ。

業界動向

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【ディー・エヌ・エー】ゲーム会社から総合IT企業へ。M&Aを活用した変遷をひもとく

【ディー・エヌ・エー】ゲーム会社から総合IT企業へ。M&Aを活用した変遷をひもとく

2016年1月、横浜DeNAベイスターズを通じて横浜スタジアムの株式を74億円にて買収したディー・エヌ・エー。国内事業強化の一方で、海外進出にもM&Aを活用しているディー・エヌ・エーの変遷をひもとく。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344