menu
Social media

ビジネス

FinTechが中小企業金融にもたらす影響 日本公庫

Cover 50a41243 790d 4c09 95ba b4599776076e

    日本政策金融公庫総合研究所は「FinTechが中小企業金融にもたらす影響」をテーマにした論文を発表した。静岡大学情報学部の遠藤正之教授がまとめたもので、それによると融資審査の迅速化、キャッシュレス決済、仮想通貨を利用したサービスなどが中小企業でも活用できる可能性があるという。

 さらにM&Aや事業承継において重要な要因となる生産性や競争力の向上などについても、新しい金融サービスを適切に取り入れることで実現できる可能性があるとし、「中小企業経営者は従来以上にFinTechの潮流に十分注意を払うべき」と結んでいる。

 論文の詳細は同研究所のホームページ(https://www.jfc.go.jp/n/findin...)で読むことができる。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


業界動向

NEXT STORY

パンダ銘柄   “伏兵”は現れるか?

パンダ銘柄 “伏兵”は現れるか?

パンダ銘柄は東天紅<8181>と精養軒<9734>だけ? 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン(香香)」の一般公開(19日)まで1週間あまり。株式市場では毎度、東天紅と精養軒がもてはやされる展開だが、“伏兵”銘柄の出現はないのだろうか。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92