ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

FinTechが中小企業金融にもたらす影響 日本公庫

alt

    日本政策金融公庫総合研究所は「FinTechが中小企業金融にもたらす影響」をテーマにした論文を発表した。静岡大学情報学部の遠藤正之教授がまとめたもので、それによると融資審査の迅速化、キャッシュレス決済、仮想通貨を利用したサービスなどが中小企業でも活用できる可能性があるという。

 さらにM&Aや事業承継において重要な要因となる生産性や競争力の向上などについても、新しい金融サービスを適切に取り入れることで実現できる可能性があるとし、「中小企業経営者は従来以上にFinTechの潮流に十分注意を払うべき」と結んでいる。

 論文の詳細は同研究所のホームページ(https://www.jfc.go.jp/n/findin...)で読むことができる。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

中小機構が事業引継ぎ支援センターの相談能力向上へ

中小機構が事業引継ぎ支援センターの相談能力向上へ

2017/12/08

中小企業事業引継ぎ支援全国本部 来春から全国の事業引継ぎ支援センターの相談対応能力向上に着手する。現在6人の事業引継ぎ支援プロジェクトマネージャーを10人近くにまで増やし、4月から新体制をスタートさせる。