menu
Social media

ビジネス

介護業界の最新トピックをひも解く(下)高齢者住宅新聞社・網谷敏数氏インタビュー

Cover 54c08320 e1b3 4b13 b2fc 74b6314e88f9

 超高齢社会である日本において、介護の在り方は日毎に重要さを増している。介護・医療業界で取材を重ね、最新事情に明るい『高齢者住宅新聞』網谷敏数氏に、業界内の動向についてお話を伺った。インタビュー第2回目は、介護業界のM&A事例と、今後の動向について。

前回の記事はこちら

介護業界における最新M&A事例

――最近の介護業界におけるM&Aについて、どう見ていらっしゃいますか。

 2016年、損保ジャパン日本興亜ホールディングス(旧SOMPOホールディングス)<8630>が、業界大手のメッセージ(現SOMPOケアメッセージ)<2400>を買収しました。これにより損保ジャパン日本興亜ホールディングスの介護事業は業界トップクラスの規模を有することになり、2017年7月からはより既存事業との一体的な経営を行うため、経営体制を一新し新たなスタートを切っています。

(参考)損保ジャパン日本興亜ホールディングスの介護事業ブランド

SOMPOケアネクスト2015年に居酒屋大手のワタミ<7522>の介護事業を210億円で買収。「SOMPOケアネクスト」のブランド名で展開中
SOMPOケアメッセージ2016年1月、TOBでメッセージを買収。「SOMPOケアメッセージ」のブランド名で展開中

 また、2017年4月にはソニーグループのソニー・ライフケアが、30弱の介護施設を運営しているゆうあいホールディングスを完全子会社化。引き受けていた転換社債型新株予約権付社債(転換社債;CB)の権利行使が終了しました。こういった形で資本力のある大手グループが、既存の事業者を子会社化したり、買収する流れは今後も続いていくでしょう。介護業界への進出を狙う企業が1からノウハウを積み上げ、人材を育てていくのには相当な時間と労力がかかりますし、介護系事業全般を網羅することで事業形態の充実を図るねらいもある。業界内における企業の買収意欲は依然として高いものがあります。

――そうすると、M&Aを通して介護事業が大手企業へ集約されていく流れが今後も続いていきそうですね。

 はい。ソニー・ライフケアの例以外にも、今年の上半期は住友林業<1911>が神戸製鋼所の介護事業子会社である神鋼ケアライフを傘下に収めたほか、ワイグッドホールディングスが関東圏で介護事業を展開する川商アドバンスを子会社化するなど、さかんにM&Aが行われています。

――このような傾向は、働き手の意識にも影響を与えますか?

 そうですね。やはり大手企業のグループ社員となれば、高いブランド力の中で働くことができますし、充実した福利厚生が得られたり、日々の労働環境が改善されたりと目に見える変化が期待できるケースもあります。事業所を運営する資本が変わることで対応を迫られる部分も当然ありますが、「M&Aによって待遇がよくなった」と現場からの声が聞こえてくることを期待したいですね。

特集取材記事

関連のM&Aニュース

大和ハウス工業<1925>、駐車場関連のテクニカル電子<6716>にTOB実施し完全子会社化へ

SONPOホールディングス<8630>、米の保証保険会社を買収

大和ハウス<1925>の子会社、豪州の戸建住宅建設会社を子会社化

大和ハウス工業<1925>、アッカ・インターナショナルを子会社化

SOMPOホールディングス<8630>、Sompo Canopius社 AGを譲渡

住友林業<1911>、孫会社をタイ企業に譲渡

住友林業<1911>、米国Edge Homesグループを子会社化

SOMPOホールディングス<8630>、Endurance Specialty Holdingsを買収。

ふくおかフィナンシャルグループ<8354>、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険と資本業務提携へ

損保ジャパン日本興亜ホールディングス<8630>、メッセージ<2400>の株式を公開買付へ

ワタミ<7522>、子会社のワタミの介護を譲渡

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

野村不動産HD<3231>、メガロス<2165>を完全子会社化

大和ハウス工業<1925>、株式交換により大和小田急建設<1834>を完全子会社化

メッセージ<2400>、セットアップの株式取得(子会社化)を発表。

大和ハウス工業<1925>、ダイヨシトラスト<3243>の株式に対する公開買付けを発表。

大和ハウス工業<1925>、フジタを子会社化。

損保ジャパンと日本興亜損保が合併に関して基本合意。

メッセージ<2400>、ジャパンケアサービスグループ<7566>に対する公開買付が完了

メッセージ<2400>、ジャパンケアサービスグループ<7566>の普通株式に対する公開買付を開始。

NEXT STORY

「医療・福祉事業」の倒産状況 2017年1-9月

「医療・福祉事業」の倒産状況 2017年1-9月

2018年4月の診療報酬と介護報酬の同時改定を前に、医療福祉事業の倒産件数は累計186件に達し、このペースで推移すると、倒産件数は介護保険法が施行された2000年以降で最多になる可能性が高くなった。(東京商工リサーチ調べ)


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333