menu
Social media

ビジネス

2016年度「上場製造業1,270社の平均年間給与」調査 トップは3年連続でファナック

Cover e526f6e4 2048 4698 9251 476d84769334
写真はイメージです

2016年度「上場製造業1,270社の平均年間給与」調査

公開日付:2017.09.14

 2016年度の上場製造業1,270社の平均年間給与(以下、平均給与)は605万9,000円(中央値599万9,000円)で、前年度より3万9,000円(0.6%)増加した。上場企業2,718社の平均給与598万円(中央値585万8,000円)と比べ7万9,000円上回り、好調な企業業績を反映している。
 製造業の平均給与は2013年度から4年連続で増加し、増加率は0.6%増だった。ただ、2015年度の1.2%増を0.6ポイント下回り、賃金上昇カーブは2014年度をピークにやや鈍化している。
 平均給与のトップは、工作機械用NC装置で世界最大手のファナックが1,318万3,000円で、3年連続でトップを守った。2位は第一三共の1,133万5,000円、3位はアステラス製薬の1,073万円、4位はエーザイの1,038万9,000円と上位に医薬品が続き、5位は電気機器のレーザーテックの1,028万2,000円だった。
 上位10社には医薬品5社、電気機器4社が入り、この他では食料品の味の素が952万4,000円で10位だった。平均給与が1,000万円以上は7社で、前年度(6社)より1社増えた。
 製造業は2014年度以降、円安で輸出関連を中心に業績改善が進んだ。社員の採用増に動いた事で平均給与が下がった企業もあるが、全体では2010年度からの6年間で40万円アップした。

※本調査は全証券取引所に株式上場する企業のうち、製造業を対象に2016年度決算(2016年4月期-2017年3月期)の有価証券報告書から平均年間給与を抽出。2010年度から2016年度まで7期連続で比較可能な1,270社(ホールディングス、変則決算企業は除く)を集計、分析した。
※証券分類は、証券コード協議会の定めに準じた。

平均給与の「増加」は764社

 上場製造業1,270社のうち、平均給与が前年度より増えたのは764社(構成比60.1%、前年度823社)。一方、減少は496社(同39.0%、同440社)、横ばい10社(同0.7%、同7社)だった。
 「増加」した企業数は全体の6割を占めたが、前年度より59社減少した。

業種別 石油・石炭製品733万9,000円で最高

 業種別の平均給与では、トップが石油・石炭製品の733万9,000円(中央値741万7,000円)で、2011年度以来、5年ぶりに平均給与が上昇した。次いで、医薬品の729万7,000円(同728万7,000円)、電気機器の634万3,000円(同622万9,000円)、精密機器の624万9,000円(同626万7,000円)、化学の624万8,000円(同633万4,000円)の順。
 最低は繊維製品の536万1,000円(同540万5,000円)で、トップとは197万8,000円の差がある。
 増加率では、繊維製品が前年度比2.9%増で最大だった。以下、ゴム製品の同1.6%増、鉄鋼の同1.47%増、ガラス・土石製品の同1.42%増、食料品の同1.3%増と続く。唯一、電気機器は前年度比0.7%減と、前年度を下回った。

TSR

関連のM&Aニュース

アステラス製薬<4503>、バイオベンチャーの米ユニバーサル・セルズ社を買収

ファナック<6954>、協働ロボットのベンチャー、ライフロボティクスを買収

アステラス製薬<4503>、医薬品の製剤・包装工場保有子会社を米国の医薬品の受託製造会社に譲渡

アルフレッサ ホールディングス<2784>、エーザイ子会社の医薬品メーカーを子会社化

エーザイ<4523>、子会社のエーザイフード・ケミカルを三菱化学フーズへ譲渡

アステラス製薬<4503>、グローバル皮膚科事業をデンマーク LEO Pharma社に譲渡

アステラス製薬<4503>、米国のバイオテクノロジー企業を買収および公開買付けへ

アステラス製薬<4503>、愛知県の清須工場における事業を譲渡

エーザイ<4523>の消化器疾患領域事業と味の素製薬、統合契約を締結

第一三共<4568>、米国バイオベンチャーを買収。

エーザイ<4523>、連結子会社株式の譲渡を発表。

エーザイ<4523>、製薬用機械事業を担う連結子会社4社を売却。

第一三共<4568>、米国カリフォルニア州バークレーに本社を置くPlexxikonを子会社化

第一三共<4568>、印Zenotech Laboratories Limitedに対する株式公開買付けが終了

第一三共<4568>、Zenotech Laboratories Limitedの普通株式に対する公開買付を開始

アステラス製薬<4503>、米OSI Pharmaceuticals社に対する株式公開買い付けを終了

アステラス製薬<4503>の米国OSI Pharmaceuticals社に対する公開買付が成立

アステラス製薬<4503>のOSI Pharmaceuticalsの公開買付をOSI Pharmaceuticalsが拒否

アステラス製薬<4503>、米国医薬品会社OSI Pharmaceuticals社に対する株式公開買付けを開始

第一三共<4568>の米子会社が米PharmaForceを子会社化

NEXT STORY

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

​産業用ロボット分野でM&Aの動きが表面化してきた。日本のロボットメーカーが他のロボットメーカーやロボット事業を買収する流れが強まる一方で、中国企業が日本のロボットメーカーを買収する動きも見え隠れし始めてきた。国際ロボット連盟の予測によると、産業用ロボットの稼働台数は2016年に180万台だったのが2020年には300万台に増えるという。旺盛な需要に支えられ、今後、企業買収などによる新規参入...


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344