KDDIは、米メディア大手のLiberty Global,Inc(LGI)グループが保有する持ち株会社3社の買収を通じてジュピターテレコム(J:COM)の株式を取得すると発表した。KDDIの株式所有割合は議決権ベースで37.8%となる。取得価額は3610億円。取得予定日は2010年2月中旬。

J:COMは1995年設立で、国内最大手のケーブルテレビ局。KDDIは今回の資本参加により327万世帯の顧客基盤を持つJ:COMと提携し、固定通信と移動通信と放送の融合などの相乗効果創出を目指す。

KDDIは、LGI傘下のLiberty Global Japan Ⅱ,LLC(コロラド州。純資産87億2000万円)、Liberty Jupiter, Inc.(コロラド州。純資産170億円)、Liberty Japan, Inc.(コロラド州。純資産1260億円)の3社の全株式を取得する。J:COMの筆頭株主で、株式58.1%を所有する住商/エルジーアイ・スーパー・メディア・エルピー(コロラド州)は、Liberty Jupiter, Inc.とLiberty Japan, Inc.、住友商事の合弁企業。2010年2月にLGIグループと住友商事は合弁関係を解消する予定で、住友商事出資分の27.7%は同社の直接保有となる見通し。