menu
Social media

ビジネス

東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界のM&A

Cover 46834398 240d 41c5 a667 0230a3d6e10e
※画像はイメージです

東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界のM&A

2017年8月31日、サッカーワールドカップのアジア最終予選において日本がオーストラリアに勝利し、6大会連続で6度目となるワールドカップ出場が決定した。これを好感した影響もあり、アシックス<7936>などスポーツ関連銘柄は軒並み堅調。ゼビオ<8281>は年初来高値を更新した。

2020年には東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界においてもM&Aが盛んに行われている。今回は、その中でも、デサント、ゼビオ、アシックス、ゴールドウィンの動きを追ってみたい。

デサント、英社のシューズ買収

イノヴェイト公式HPより

2015年8月、デサント<8114>は、トレイルランニング用シューズなどを販売する英イノヴェイトの株式を80%取得し、子会社としたことを発表した。イノヴェイトは欧米を中心に約60か国で「inov-8(イノヴェイト)」ブランドを展開している新進気鋭のシューズメーカーである。

デサント自体も、自社が強みを持つスポーツウエアに加えて、シューズなど関連領域への拡大やグローバル化を目指しており、2013年から「イノヴェイト」ブランド製品を日本、韓国、香港で販売していた。イノヴェイトを子会社化することにより、同社が保有する開発力を活用したシューズ事業の拡大とグローバル路線への転換を加速させる狙いがある。

買収の方法は現金による株式取得であり、取得価額は26億円と公表されている。Pedes Investments Limitedほかグループ子会社4社(イノヴェイトグループ)が新たに連結の範囲に加わり、のれんの計上額は36億円となった。

また、特徴的な点として、のれん以外の無形固定資産として商標権に15億円が配分されていることが挙げられる。この配分額は企業取得時に行われるPPA(Purchase Price Allocation)という計算手続によるものである。子会社側の商標権の簿価を上回る時価評価益に相当するものであり、それだけ「イノヴェイト」ブランドが価値を持っていると評価したことを意味する。

なお、デサントではこの買収により計上されたのれんおよび商標権を10年間(商標権については加重平均期間)にわたって償却することとしている。

ゼビオ、ヴィクトリアとゴルフパートナーを買収

Victoria公式HPより

ゼビオ<8281>は、福島県郡山市に本社を置くスポーツ用品およびウエア販売チェーンの運営会社である。もともと紳士服販売をメインとする会社であったが、徐々にスポーツ部門に主軸を移すようになる。

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【アシックス】総合スポーツ用品メーカーが強化するデジタル戦略

【アシックス】総合スポーツ用品メーカーが強化するデジタル戦略

アシックス<7936>は1949年9月、創業者の鬼塚喜八郎氏が鬼塚株式会社を兵庫県神戸市に設立したことに始まる。スポーツシューズ専門メーカーを目指し、バスケットボールシューズほかスポーツシューズの開発、生産、販売を開始した。今日、総合スポーツ用品メーカーとして成長した同社は、どのようなM&Aを進めてきたのか。


注目の記事

Thumb fc758a30 9e49 4944 852f 5ed8848b7dbd

人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

M&Aというと、買収価格等の条件面が注目されがちだが、「ヒト」の問題に関しても周到に準備しておかないと、労務トラブル等で思わぬコストが発生する、ということになりかねない。今回はM&Aを行う際の人事労務関係の留意点や制度統合などに関して、社会保険労務士法人三島事務所でM&Aに関する人事制度策定やコンサルを多数手掛けている林英臣マネージャーに伺った。

Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb 908a9947 090a 4a59 95da 01affa6e6c70
Thumb e1cc3fb2 2d9a 4362 945f ba6d406ee29f