ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

M&A仲介3社の決算書分析-日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライク

alt

M&A仲介3社の決算書分析

当サイトでは、従前からM&A戦略を展開している企業やその対象企業の分析記事を公開しているが、今回は、そのような企業をサポートしているM&A仲介会社の決算がどのようになっているのかにスポットを当ててみたい。

近年、特に件数が増加している中小企業のM&Aに強い日本M&Aセンター<2127>、M&Aキャピタルパートナーズ<6080>、ストライク<6196>の上場企業3社における決算内容を概観してみよう。

売上190億円を突破!好調が止まらない日本M&Aセンター

日本M&Aセンターの業績は好調のひと言に尽きる。同社が16年3月期に策定した中期経営計画では19年3月期の経常利益100億円達成を目標とし、その足掛かりとして17年3月期の経常利益80億円を予想していたが、ふたを開けてみると、それを大きく上回る経常利益90億円を記録した。この増益ペースは実に7年連続となる。

日本M&Aセンター(単位:百万円)

決算 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 7,214 10,547 12,227 14,778 19,069
経常利益 3,437 5,496 6,310 7,116 9,070
当期利益 2,074 3,344 3,950 4,840 6,174

・上記表における業績は子会社の経営プランニング研究所、企業評価総合研究所などを含む連結数値であるが、内訳としては大半が親会社単体のものと考えて良い。

日本M&Aセンターのビジネスモデルはバイサイド(買い手)とセルサイド(売り手)の両方から仲介手数料を収受する方式だ。M&A仲介では、バイサイドかセルサイドのどちらかに付いて、片側からのみ手数料を受け取ることも多い。両サイドから手数料をもらう方式は、利益相反が生じやすい「双方代理」になるため好ましくないという考え方も存在する。しかし、収益性という点では、不動産業界の「両手仲介」と同様、魅力的なビジネスモデルであることは確かだ。

M&A仲介の場合、取引初期段階で双方からそれぞれ数百万円の着手金を受け取ることで資金繰り的にも余裕が出るものと考えられる。17年3月期の連結総資産249億円のうち現金預金が100億円(40.2%)を占めており、一般の事業会社では2.00倍あれば健全とされる流動比率(流動資産÷流動負債)も2.57倍となっている。

なお、日本M&Aセンターは平均年収が高いことでも話題に上ることが多い。17年3月期の有価証券報告書によると、従業員数271名(平均年齢35.5才)の平均年収は14,188千円となっている。従業員の平均勤続年数は3.9年となっている。

調剤薬局に強みを持つM&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは調剤薬局に強みを持つことでも知られる。同社の成約件数のうち半数程度は調剤薬局業界のディールである。近年は事業承継案件にも力を入れており、親族や従業員への承継を考えている経営者に対して、第三者への承継(M&A)を直接提案営業していくアウトバウンドマーケティングも売上高増加に貢献しているという。

案件数では15年9月期の44件から16年9月期の58件へと14件の増加となっており、そのうち、案件当たりの報酬総額が1億円未満のディールが12件を占めているのは1つの特徴といえる。

財務内容を見ると、総資産57億円のうち現金預金が33億円(57.9%)を占めており、流動比率(流動資産÷流動負債)も2.43倍と高くなっている。また、従業員数50名(平均年齢31.1才)の平均年収は19,052千円、平均勤続年数は2.9年となっている。

M&Aキャピタルパートナーズは、直接提案営業できるコンサルタントを増強しているほか、自社でも企業買収を行い、さらなる成長につなげようとしている。具体的には、16年10月に海外案件やアドバイザリーサービスで定評のあるレコフ<非上場>およびレコフデータ<非上場>を買収している。買収額の総額は30億円で、内訳は創業株主からの株式取得10億と第三者割当増資の引受20億である。

レコフの16年3月期の売上高は14億円であり、単純合算で考えても、M&Aキャピタルパートナーズの17年9月期の連結業績を大きく押し上げる要因となることが予想される。なお、5月に公表された四半期報告書(第2四半期)によると、16年10月から17年3月までの6か月累計で、すでに売上48億円、経常利益23億を超えている。

M&Aキャピタルパートナーズ(単位:百万円)

決算 2012年9月期 2013年9月期 2014年9月期 2015年9月期 2016年9月期
売上高 1,073 1,157 1,667 2,847 3,755
経常利益 577 600 808 1,524 1,860
当期利益 301 331 468 892 1,081

北川 ワタル

経歴:2001年、公認会計士2次試験合格後、監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人)にて金融商品取引法監査、会社法監査に従事。上場企業の監査の他、リファーラル業務、IFRSアドバイザリー、IPO(株式公開)支援、学校法人監査、デューデリジェンス、金融機関監査等を経験。マネージャー及び主査として各フィールドワークを指揮するとともに、顧客セミナー、内部研修等の講師 、ニュースレター、書籍等の執筆にも従事した。2012年、株式会社ダーチャコンセプトを設立し独立。2013年、経営革新等支援機関認定、税理士登録。スタートアップの支援からグループ会社の連結納税、国際税務アドバイザリーまで財務会計・税務を中心とした幅広いサービスを提供。

学歴:武蔵野美術大学造形学部通信教育課程中退、同志社大学法学部政治学科中退、大阪府立天王寺高等学校卒業(高44期)

出版物:『重要項目ピックアップ 固定資産の会計・税務完全ガイド』税務経理協会(分担執筆)、『図解 最新 税金のしくみと手続きがわかる事典』三修社(監修)、『最新 アパート・マンション・民泊 経営をめぐる法律と税務』三修社(監修)など

北川ワタル事務所・株式会社ダーチャコンセプトのウェブサイトはこちら


NEXT STORY

【突撃MAOちゃん!】「オーナーの想いを実現できる事業承継セミナー」レポート

【突撃MAOちゃん!】「オーナーの想いを実現できる事業承継セミナー」レポート

2017-07-14

みなさん、お久しぶりです。MAOです。「M&Aをもっと身近にせよ」とのミッションを遂行すべく、M&Aをはじめとするビジネスや経済について体当たりで探っていきます。今回は「オーナーの想いを実現できる事業承継セミナー」のレポートをお届けします!