ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

レンジエクステンダーEVは本当に「EV」か?

alt

ハイブリッドなのにEV?

 HV(ハイブリッド車)が当たり前となったエコカー市場に「レンジエクステンダーEV(電気自動車)」と呼ばれるニューカマーが現れた。レンジエクステンダーとは文字通り「航続距離を延ばす」であり、純EVよりも航続距離が長いEVを指す。例えば日産自動車<7201>の純EV「リーフ」の航続距離が満充電で400kmなのに対し、レンジエクステンダーEVの「ノートe-POWER」はガソリンを満タンにすれば1,394kmもの走行が可能だ。しかも、リーフが長時間の充電を必要とするのに対し、ノートe-POWERはガソリンを給油すれば直ちに走行できる。

日産「ノート e-POWER」
日産「ノート e-POWER」

 しかし、このレンジエクステンダーEVは、ガソリンエンジンを搭載したHV。なぜ「EV」と呼ばれるのか。トヨタ自動車<7203>の「プリウス」のような一般のHVは、ガソリンエンジンと電気モーターによる駆動を併用する。発進・加速など燃費が悪い低速時はモーターで、燃費の良い中・高速時はエンジンで駆動している。モーター駆動はサポートにすぎないうえに、主に減速の制動エネルギーから生み出した電力でモーターを駆動するため、EVのような大容量電池は搭載していない。

 一方、レンジエクステンダーEVは電気モーターでしか駆動しない。搭載しているエンジンは発電専用だ。通常のHVは発進時などの限られた場面でしかモーター走行しないが、レンジエクステンダーEVは常時モーター駆動するため大量の電力を必要とする。本来ならば大容量の電池を積む純EVになるが、電池価格はまだ高く、充電時間は長いうえに航続距離も短い。「ならば発電機を積み込めばいいじゃないか」という発想で開発されたのが、レンジエクステンダーEVなのだ。

NEXT STORY

【日産自動車】三度の「業界再編」でEV覇権を狙うか

【日産自動車】三度の「業界再編」でEV覇権を狙うか

2017/11/21

日本経済を変えたM&Aといえば、文句なく1999年3月の日産自動車と仏ルノーとの資本提携だろう。カルロス・ゴーン氏主導のコストカットは国内鉄鋼2位の日本鋼管(NKK)と同3位の川崎製鉄の合併を促し、JFE ホールディングスの誕生につながるなど国内産業に大きな影響を与えた。関係会社の持ち株の売却で日本企業の特徴だった系列も解体し、自社のノンコア事業も譲渡した。日本では「ゴーン後」に戦略的なM&Aが定着したといっても過言ではない。その日産がまたも新たなM&Aを加速しつつある。そのターゲットとは…。

関連のM&Aニュース