menu
Social media

ビジネス

レンジエクステンダーEVは本当に「EV」か?

Cover 43c8b7be 7294 4fb7 bce0 f5820c176d5b

ハイブリッドなのにEV?

 HV(ハイブリッド車)が当たり前となったエコカー市場に「レンジエクステンダーEV(電気自動車)」と呼ばれるニューカマーが現れた。レンジエクステンダーとは文字通り「航続距離を延ばす」であり、純EVよりも航続距離が長いEVを指す。例えば日産自動車<7201>の純EV「リーフ」の航続距離が満充電で400kmなのに対し、レンジエクステンダーEVの「ノートe-POWER」はガソリンを満タンにすれば1,394kmもの走行が可能だ。しかも、リーフが長時間の充電を必要とするのに対し、ノートe-POWERはガソリンを給油すれば直ちに走行できる。

日産「ノート e-POWER」
日産「ノート e-POWER」

 しかし、このレンジエクステンダーEVは、ガソリンエンジンを搭載したHV。なぜ「EV」と呼ばれるのか。トヨタ自動車<7203>の「プリウス」のような一般のHVは、ガソリンエンジンと電気モーターによる駆動を併用する。発進・加速など燃費が悪い低速時はモーターで、燃費の良い中・高速時はエンジンで駆動している。モーター駆動はサポートにすぎないうえに、主に減速の制動エネルギーから生み出した電力でモーターを駆動するため、EVのような大容量電池は搭載していない。

 一方、レンジエクステンダーEVは電気モーターでしか駆動しない。搭載しているエンジンは発電専用だ。通常のHVは発進時などの限られた場面でしかモーター走行しないが、レンジエクステンダーEVは常時モーター駆動するため大量の電力を必要とする。本来ならば大容量の電池を積む純EVになるが、電池価格はまだ高く、充電時間は長いうえに航続距離も短い。「ならば発電機を積み込めばいいじゃないか」という発想で開発されたのが、レンジエクステンダーEVなのだ。

業界動向

関連のM&Aニュース

トヨタ自動車<7203>、完全子会社トヨタマーケティングジャパンを吸収合併

日産自動車<7201>、GSRキャピタルグループへバッテリー事業を譲渡

トヨタ自動車<7203>とマツダ<7261>、資本業務提携締結

トヨタホーム<7203>、ミサワホーム<1722>と資本業務提携契約の締結並びに同社株式に対して公開買付及び第三者割当増資の引き受けを発表

日産自動車<7201>、カルソニックカンセイ<7248>を売却

日産自動車<7201>、三菱自動車工業<7211>の第三者割当増資引受けにより筆頭株主へ

トヨタ自動車<7203>、ダイハツ工業<7262>を株式交換により完全子会社化

伊藤忠商事<8001>、マツダ<7261>の連結子会社であるトーヨーエイテックを買収。

日産自動車<7201>、株式交換により愛知機械工業<7263>を完全子会社化。

トヨタ自動車<7203>とBMW グループとが業務提携。

トヨタ自動車<7203>、トヨタ車体<7221>と関東自動車工業<7223>を株式交換により完全子会社化。

日産自動車<7201>と三菱自動車<7211>が軽自動車事業で合弁会社設立

トヨタ自動車<7203>、テスラモーターズと資本業務提携

NEXT STORY

判断材料の一つに取り入れたい「タイムディレクション」というビジネスツール Furyu代表・柳川隆洸氏インタビュー

判断材料の一つに取り入れたい「タイムディレクション」というビジネスツール Furyu代表・柳川隆洸氏インタビュー

人生においてもビジネスにおいても重要なタイミング。いいタイミングで行動するための判断材料に「タイムディレクション」を活用してみてはいかがでしょうか? 占星術をベースにした「タイムディレクション」の提唱者、柳川隆洸氏にビジネス目線での活用方法を伺いました。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344