menu
Social media

ビジネス

2016年度「上場小売業277社の平均年間給与」調査

Cover 1b72c53f e902 4f2c 8dbd 264118199bab

2016年度「上場小売業277社の平均年間給与」調査

公開日付:2017.08.22

 2016年度の上場小売業277社の平均年間給与(以下、平均給与)は503万6,000円(中央値485万6,000円)で、4年連続で前年度を上回った。前年度より4万7,000円(0.9%)増加し、2010年度に調査を開始した以来、初めて500万円台に乗せた。
 金額別では、500万円未満が157社(構成比56.6%)と6割弱を占めた。上場企業3,044社の平均給与は609万8,000円(中央値591万円)で、他業界の平均給与とは100万円超の開きがあるが、企業間の格差も大きいようだ。
 ただ、小売業は『雇用の受け皿』の側面もあり、毎年社員の採用に積極的で、ここ数年は深刻な人手不足もあって待遇改善で平均給与の引き上げに動いたとみられる。

※本調査は2016年度決算(2016年4月期-2017年3月期)の全証券取引所の上場企業のうち、小売業を対象に、有価証券報告書から平均年間給与を抽出。2010年度から2016年度まで連続比較が可能な277社(変則決算企業は除く)を集計、分析した。

※証券分類は、証券コード協議会の定めに準じた。ただ、持株会社(ホールディングス)は中心となる業種を採用し、事業会社の平均年間給与とは異なる。

平均給与の「増加」は182社

 上場小売業277社のうち、平均給与が前年度より増えたのは182社(構成比65.7%、前年度169社)で6割を占めた。一方、減少は91社(同32.8%、同104社)、横ばい4社(同1.4%、同4社)だった。平均給与の「増加」企業数は6割を占め、前年度より13社増えた。

平均給与の増減率 増加率0.0%超~1.0%未満が最多48社

 上場小売業277社の平均給与の増減率は、増加率0.0%超~1.0%未満が48社(構成比17.3%、前年度30社)で最多だった。次いで、2.0%以上~3.0%未満の35社(同12.6%、同32社)、1.0%以上~2.0%未満の31社(同11.1%、同43社)の順。
 増加率10.0%以上が15社(構成比5.4%)に対し、減少率10.0%以上は8社(同2.8%)にとどまり、全体の平均給与を押し上げた。また、増加が182社(前年度169社)、減少は91社(同104社)と、平均給与が前年度より増えた企業が多く、人手不足の中で業界は待遇改善に動いているようだ。

TSR

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

2016年度「上場製造業1,270社の平均年間給与」調査 トップは3年連続でファナック

2016年度「上場製造業1,270社の平均年間給与」調査 トップは3年連続でファナック

2016年度の上場製造業1,270社の平均年間給与は605万9,000円(中央値599万9,000円)で、前年度より3万9,000円(0.6%)増加。上場企業2,718社の平均給与598万円(中央値585万8,000円)と比べ7万9,000円上回り、好調な企業業績を反映している。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70