Jトラストは、楽天から楽天KC(福岡市。営業収益676億円、営業利益47億8000万円、純資産332億円)の株式97.26%(議決権ベース)を取得し子会社化すると発表した。これに先立ち、楽天は楽天KCから主力の「楽天カード」事業を会社分割により、同じく楽天グループの楽天クレジット(東京都品川区)に承継する。そのため、楽天KCに残るのは前身の国内信販から引き継いだカード事業など。取得価額は45億円。取得予定日は8月1日。

今回の取引は、楽天のクレジットカード事業見直しの一環で、同社は今後「楽天カード」関連に経営資源を集中させる。

Jトラストは楽天KCの営業基盤やノウハウを取得しクレジットカード事業への参入のほか、保証事業の強化を図る。また、楽天KCに対する貸付債権370億円についても同額で譲り受ける。

異動後、楽天KCはKCカードに、楽天クレジットは楽天カードにそれぞれ社名を変更する。