トップ > 調べる・学ぶ > 業界・企業研究 > M&Aアーカイブス >【コカ・コーラボトラーズジャパン】敵は米国にあり?-統合は「ゴール」ではなく「修羅場の入り口」だ 

【コカ・コーラボトラーズジャパン】敵は米国にあり?-統合は「ゴール」ではなく「修羅場の入り口」だ 

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

社長指名権を握られたジャパン

 「傀儡(かいらい)のイースト、優等生のウエスト」と国内業界で評価される東西ボトラー2社だけに、経営統合は果たしたものの今後の懸念はある。2016年12月期の年間売上高は約5700憶円のイーストが約4600憶円のウエストを上回っていた。しかし、連結売上高営業利益率ではイーストの3.2%に対してウエストは4.6%と逆転している。合併比率はイースト=1株に対してウエスト=0.75株、統合したジャパンの社長もウエスト出身だ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY