M&A速報

大日本印刷<7912>と子会社の丸善ジュンク堂書店、文教堂<9978>の保有株式を日版へ譲渡

2016/09/12

大日本印刷(東京都、以下DNP)は、書籍、雑誌、CD、DVD等の販売及びレンタルビデオ等の総合ソフトメディアショップのチェーン展開をする文教堂グループホールディングス(神奈川県、売上高333億円、営業利益△3億円、純資産7億円、以下文教堂)のDNPが保有する株式の一部12.05%と、同社連結子会社の丸善ジュンク堂が保有する全株式16.08%を雑誌、書籍、教科書等の取次販売を行う日本出版販売(東京都、以下日版)へ譲渡する契約の締結を決議した。これにより文教堂はDNPの連結子会社から持分法適用会社となる。

DNPグループは、DNPと丸善ジュンク堂がそれぞれ出資し、文教堂との間で行ってきたhonto事業の発展を目指して、honto会員の獲得、店舗とネット書店との相互送客等の協業を行っており、文教堂と日版の関係を強化することがこれまで進めてきた出版流通市場における一層の協業関係の推進と市場活性化のために効果的であると判断した。なお、譲渡後もDNPグループ及び文教堂はhonto事業を推進することで認識が一致しており、引き続き協業関係のもと、新たな商品・サービスの開発に取り組んでいくとしている。

株式譲渡実行予定日は平成28年10月31日。

関連の記事

書店大手の文教堂、再生計画から1年|新型コロナ重なり、窮地が続く

書店大手の文教堂、再生計画から1年|新型コロナ重なり、窮地が続く

2020/08/19

書店大手の文教堂グループホールディングスが上場廃止の猶予期間だった8月末を迎える。銀行団による債務の株式化などで債務超過を解消し、上場廃止の危機をひとまず乗り越えたが、出版不況に新型コロナが重なり、同社の先行きはいぜん視界不良のままだ。

【M&Aサマリー9月】2カ月連続で前年下回る69件、ヤフーが4000億円でZOZO買収 

【M&Aサマリー9月】2カ月連続で前年下回る69件、ヤフーが4000億円でZOZO買収 

2019/10/02

9月のM&Aは前年同月比6件減の69件となり、2カ月連続で前年を下回った。活況が続いてきたM&A市場の変調の兆しなのかどうかが気になる。1~9月の累計では602件と前年同期を50件強上回り、2009年以来10年ぶりの高水準にある。

書店大手の文教堂、上場廃止の危機を免れるも「再建」はイバラの道

書店大手の文教堂、上場廃止の危機を免れるも「再建」はイバラの道

2019/09/28

​業績不振に陥っている大手書店、文教堂グループホールディングス(GHD)が上場廃止の危機をひとまず免れた。27日、事業再生計画が金融機関の同意を得て成立。これに伴い、上場廃止の猶予期間が2020年8月31日までに1年間延びた。

【文教堂HD】再生計画案成立の行方は? 上場猶予期間の8月末が迫る

【文教堂HD】再生計画案成立の行方は? 上場猶予期間の8月末が迫る

2019/08/14

業績不振に陥っている大手書店、文教堂グループホールディングスに上場猶予期間の8月末が迫っている。事業再生ADRに基づく再生計画案が予定通りに成立すれば、上場廃止の猶予期間が1年延長される。だが、進捗の遅れが否めない。

書店大手の文教堂 借入返済の一時停止に同意

書店大手の文教堂 借入返済の一時停止に同意

2019/07/21

​事業再生ADR申請の文教堂グループホールディングスが7月10日の債権者集会で、金融機関のすべてが借入金返済の一時停止に応じた。返済猶予は金融債務に限定され、書籍の仕入代金など一般債務の支払いは変更ない。

【凸版印刷】売りと買いを駆使して生き残り目指す「印刷の巨人」

【凸版印刷】売りと買いを駆使して生き残り目指す「印刷の巨人」

2019/07/18

凸版印刷は世界最大規模の総合印刷会社だ。国内印刷業界の総出荷額はバブル期だった1991年をピークに景気悪化やデジタル化による「紙ばなれ」で減少を続け、長引く「印刷不況」にあえいでいる。大手印刷会社は「脱・印刷」で生き残りを図ろうとしている。

書店大手の文教堂HD、私的整理による再生手続きを申請

書店大手の文教堂HD、私的整理による再生手続きを申請

2019/06/29

大手書店の文教堂グループホールディングスは28日、私的整理の一種である事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)を第三者機関に申請したと発表した。2カ月後に差し迫っていた上場廃止を回避し、債務超過解消までの時間をもう1年間稼ぐ窮余の策だ。

文教堂HD、出版市場縮小の中で「債務超過」からどう脱出?

文教堂HD、出版市場縮小の中で「債務超過」からどう脱出?

2018/12/07

大手書店の文教堂グループホールディングス(HD)が2018年8月期決算で2億3300万円の債務超過に陥ったのに伴い、同社株式が上場廃止の猶予期間入り銘柄となった。出版市場が縮小する中、書店経営を取り巻く厳しい現状が改めて浮き彫りになった。

CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

2017/12/18

CD・DVDレンタル、書店事業の「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が女性ファッション誌の中堅出版社、主婦の友社(東京都文京区)を買収した。構造的な出版不況の中、版元の淘汰が進むのは必至で、その過程でM&Aが避けられそうにない。

【コカ・コーラボトラーズジャパン】敵は米国にあり?-統合は「ゴール」ではなく「修羅場の入り口」だ 
【学研ホールディングス】出版社としてスタートし、教育分野で攻めのM&Aを展開

【学研ホールディングス】出版社としてスタートし、教育分野で攻めのM&Aを展開

2017/08/29

創業者である古岡秀人の「戦後の復興は教育をおいてほかにない」との強い信念のもと設立された学研ホールディングス。 「​教育」を基軸して、多岐にわたる出版事業を展開するほか、塾事業、教材・教具の制作・販え、保育園の運営や高齢者住宅、介護サービス等、医療福祉分野にも事業を展開している。学研社及び子会社45社、関連会社4社で構成された巨大な企業群は、今後どのような絵をM&Aにより描いていくのか。

「全国書店1,128社の業績動向」調査

「全国書店1,128社の業績動向」調査

2016/10/24

M&A Online編集部です。今回は「全国書店1,128社の業績動向調査」(東京商工リサーチ)を取り上げます。全国の書籍・雑誌小売業の売上高は2年連続で減少をたどり、厳しい経営環境が続いています。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア