M&A速報

大日本印刷<7912>、インテリジェントウェイブ<4847>をTOBで子会社化

2008/08/19

大日本印刷は、インテリジェントウェイブをTOB(株式公開買い付け)により子会社化することを決議した。議決権ベースで51.71%の取得を目指す。インテリジェントウェイブはTOBに賛同を表明しており、TOB成立後も上場を維持する。

インテリジェントウェイブは、ネットワーク技術と金融システム、ネットワーク犯罪防止に特に強みをもつシステムインテグレーター。大日本印刷は、自社の持つICカードを使った機器や設備へのアクセスを管理するセキュリティ技術と、インテリジェントウェイブの持つ情報アクセスを管理するセキュリティ技術を融合することで、セキュリティサービスを強化する。

TOBの買付価格は1株あたり2万9740円。TOB公表前営業日の対象株式の終値2万3000円に対して29.30%のプレミアムを加えた。

TOBの買付予定数は12万8369株(下限は8万2452株)で、買付予定額は38億1000万円。

公開買付期間は2008年8月20日から2008年9月18日までを予定している。

関連の記事

【凸版印刷】売りと買いを駆使して生き残り目指す「印刷の巨人」

【凸版印刷】売りと買いを駆使して生き残り目指す「印刷の巨人」

2019/07/18

凸版印刷は世界最大規模の総合印刷会社だ。国内印刷業界の総出荷額はバブル期だった1991年をピークに景気悪化やデジタル化による「紙ばなれ」で減少を続け、長引く「印刷不況」にあえいでいる。大手印刷会社は「脱・印刷」で生き残りを図ろうとしている。

CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

2017/12/18

CD・DVDレンタル、書店事業の「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が女性ファッション誌の中堅出版社、主婦の友社(東京都文京区)を買収した。構造的な出版不況の中、版元の淘汰が進むのは必至で、その過程でM&Aが避けられそうにない。

【コカ・コーラボトラーズジャパン】敵は米国にあり?-統合は「ゴール」ではなく「修羅場の入り口」だ 
【学研ホールディングス】出版社としてスタートし、教育分野で攻めのM&Aを展開

【学研ホールディングス】出版社としてスタートし、教育分野で攻めのM&Aを展開

2017/08/29

創業者である古岡秀人の「戦後の復興は教育をおいてほかにない」との強い信念のもと設立された学研ホールディングス。 「​教育」を基軸して、多岐にわたる出版事業を展開するほか、塾事業、教材・教具の制作・販え、保育園の運営や高齢者住宅、介護サービス等、医療福祉分野にも事業を展開している。学研社及び子会社45社、関連会社4社で構成された巨大な企業群は、今後どのような絵をM&Aにより描いていくのか。

M&A速報検索

クリア