M&A速報

日清紡ホールディングス<3105>、リコー電子デバイスを子会社化

2017/10/30

日清紡グループ持株会社である日清紡ホールディングス<3105>は、電子デバイス製品等の開発・生産・販売等を行うリコー電子デバイス(売上高230億円、営業利益4.5億円、純資産9億円)の株式160株(持株割合80.0%)を取得し、子会社化することを決議した。

日清紡グループのエレクトロニクス事業は、情報通信システムを主力とした日本無線とアナログ半導体とマイクロ波製品を展開する新日本無線の二つの子会社を中核として、インフラや船舶向けの無線通信システムから車載・スマートフォン向けの電子デバイスまで幅広い分野でビジネスを展開している。

今回、アナログ電源ICを主力とする対象会社の株式の過半を取得し、子会社化することで、半導体・電子デバイス分野の事業基盤を強化し、今後の成長が見込まれる車載、IoT 分野を中心に電子デバイスビジネスの拡充を加速させる。

株式取得価額は、未公表。

譲渡実行予定日は、平成30年3月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

2020/03/12

家庭紙国内最大手の大王製紙が、M&Aに「本腰」を入れている。同社は長らくM&Aとは一線を画してきた。ところが2017年2月に日清紡HDの家庭紙事業を買収して以来、立て続けに5件のM&Aが成立している。大王製紙はM&Aで何を目指しているのか?

曙ブレーキ工業の新社長に就任する「宮地康弘」って、どんな人?

曙ブレーキ工業の新社長に就任する「宮地康弘」って、どんな人?

2019/09/02

経営再建中の曙ブレーキ工業は信元久隆社長兼会長が退任し2019年9月27日に開く臨時株主総会で新社長に宮地康弘氏を迎え入れる。宮地氏は1957年5月17日生まれの62歳で、1981年に自動車機器に入社して以来、ブレーキ畑を歩んできた人材だ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5